1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Mr.Children "HOME"レポ(5月18日仙台)ネタバレあり
まさか・・・でもやっぱりの1曲め
JENのカウントで分かる。4人+小林さんの音が一斉に鳴り始め、
会場は「いきなりコレ?」と戸惑うように一瞬おいてから、
一気に幸せな気分につつまれた。JENも大丈夫そうだ
ここまで言えば分かるだろうけど、♪彩りからHOMEは始まった。

間をおかず、♪飛べるよ 君にも 羽根を広げてごらんよ
この曲の旋律や言葉とメロディの一致具合は、奇跡的だと思う。
♪and I love you こういう曲は偶然にも突然浮かぶらしいけど・・・

ここのところのツアーは、始まりの何曲かはアップテンポなものが多かったのに、
今回は違うなぁ・・・と思った矢先、♪Youthful Days、♪箒星
この2曲の盛り上がりは、書かずとも分かるくらいだと思うけど、
特に箒星の掛け声、去年のap bank fesとロックロックこんにちはを思い出す・・・

ここでMC。主役はもちろん・・・ですがその前に桜井さん
「お待たせしました!そして、お騒がせしました」
JEN:「え、あ・・・ホントに申し訳ございません・・・高い所から失礼します・・・」
桜井さん:箒星でだいぶ叩いちゃったんじゃない?この後はアップテンポな曲なしにする?
JEN::「どぉ〜んといらっしゃい!」
時々手元がスクリーンに映りますが、大丈夫なようです。良かった

HOMEは、譜面だけ渡して「いっせーのーせっ!」って演奏した曲ばかり。
作りこんでいるわけじゃない。だから、今日も、この会場、この場にいる
みんなの反応、手拍子、リズムの取り方・・・そんなので、今日この会場だけの雰囲気を
作っていこう!

そういって始まった♪Another Story、♪もっと
不意打ちの♪いつでも微笑を、♪PIANO MAN、♪ポケット カスタネット
♪ランニングハイ、♪Dance Dance Dance、♪フェイク もう順番わかりません・・・
♪CENTER OF UNIVERSEでは久々「Hi!ボンジュール」
「カバー曲をやります。僕らと、親戚のような、腹違いの兄弟のような・・・」♪to U
今日はゲストが・・・一瞬盛り上がるも、
「Salyuはね、ブログ書いてる。適当に言ってるんじゃないよ、ホントにマネージャー
さんに聞いたんだから。あとね、PV撮りもあるっていってたな」
「でもその代わりに、素敵なみなさんがいるじゃないですか!
コーラスの登坂君がリードするから、みんな歌って!僕はハモり」

すごくいい時間だった。小林さんのピアノが流れて、みんなの声が会場に満ちていて。
それにしても、みんな上手いな。
桜井さんとハモれるなんて、幸せです

この日のMCから。
昔ライブハウスでやってた頃は、女の子、そうおんなのこばっかりだったけど、
幸か不幸か(笑)だんだん男性ファンが増えてきたんですよね・・・
で、ゆくゆくは、「剛」とか「矢沢」とか・・・そっちの方向で行きたいな、
と思っております(笑)
えー女性ファンからはブーイングが
どこへ行く、ミスチル

あ、何度も言うけど、曲の順番、もうわからなくなってますからね・・・
♪Anyはやってくれると思わなかった・・・なかなか聴きたくても聴けなかったんだよね。
この曲が出て、すごく好きで、ライブで絶対聴きたいって意気込んだ、
WONDERFUL WORLDのツアー。
初日の渋谷で、分かってても貼り出された中止の文章を見に行ったりして。
それから5年、、、もう15周年なんだ・・・
と、まあ、思い出が蘇ってくるわけです。それに
「今僕のいる場所が、探してたのと違っても、間違いじゃない、
きっと答えは1つじゃない」
先日の馬場さんのライブで聴いた、『一瞬のトワイライト』の歌詞と
ダブってくるのですが・・・選択する場面で迷った時、これでいいのかなと悩んだり、
あの時違う道を選んでたら、もしかしたらもっと・・・なんて考えたりするけど、
結局、選択するのは自分。将来の理想を目指してみんな前に進むけど、
思い描いたものだけが答えじゃない。選択しながら、進んでみたら
“ちょっと違う?”ってこともある。でもそれもいいじゃない?
社会人10年以上経ってくると、選択する場面が多くて、こんな風に思ってみるんです。

♪タガタメ・・・あの時は正直「重いなぁ」と思ったけど、時間を置いてライブで聴くと、
壮大な音楽に負けない強い詩は、嫌味が無い気がしましたし・・・不思議なもんですなぁ。
♪終わりなき旅・・・桜井さんが青いキラキラしたギターを持った時、
「終わりなき旅だ」って分かりました!これは仕事で辛かった期間の、私の支えでした。
君は君でいいって・・・ディスカバリー以来、あまりライブでやってくれなかったけど、
シフクで1曲目だったときはビックリでしたね・・・ディスカバリーのライブCD『1/42』
に収録されているこの曲が大好物です。ライブであの声は素晴しいですよ。
♪Worlds end・・・イントロが始まって、ちょっと意外だったけど、終わりなき旅に通じる
メッセージがグッときますね。「誰が指図するでもなく、僕らはどこへでもいける」
自分の意思で、どこまでも行ける可能性をみんな持ってる。
だけど横をみればきっと支えてくれている人がいて、実はつながっているんだ・・・

♪しるし これはねぇ・・・桜井さんの頭の中だと、勝手に思っている。言わないけど、
こんな風に思ってるんだって、そんな曲な気がして。結婚して数年経って、
こんな風に旦那さんが考えてたら素敵・・・とか、妄想だけを膨らませてしまう・・・
いかんいかん。それは、相手が桜井さんと仮定しての妄想だ・・・

本編終わって、考えてみると、HOMEのアルバムから・・・というより、
意外な選曲があった気がするんですよね。
ランニング・ハイとか、Worlds endとか、Youthful daysとか・・・
それでちょっと思いついた。なんとなく、このアリーナツアーはA-Side?
とすると、Fieldツアーは・・・
レポに戻ります

アンコールで、前方に楽器がセットされていたので、「Mirror」かと思いきや、
♪あんまり覚えてないや
「世界中を幸せに出来はしなくたって、このメロディをもう1度繰り返す」ここが好き。
だんだん好きになっていく曲だな。
そのあと、みんな後ろに戻って♪蘇生。コレも意外かな。
「何度でも、何度でも」コレ聴くと、2002年12月21日を思い出してしまうのです・・・
病気で中止になったツアー後、一夜限りの横浜アリーナでのライブね。
あの時、やる前から、「みんなが 何度でも って返してくれるイメージがあった」
って桜井さんも言ってたみたいだし、「まだやりかけの未来がある」とか、
よくもそういう言葉が毎回生まれてくるもんです。
もちろん今回も「何度でも〜」って叫びます!生まれ変われる気がして(笑)

それにしても、ミスチルはいろんな方法で後押ししてくれる。
時には、終わりなき旅 みたいにかっこよく、
時には、彩り みたいにやさしく、あたたかく

「もう一度この曲を演らせてください」
最後の曲は・・・♪彩り
2回目はapバージョンで、ゆっくり始まるピアノと、ゆっくり歌い始める桜井さん

『ただいま おかえり ありがとう またあおう』

『今 いちばん後ろの人の 笑い顔を作っていく』って変えて歌ってくれた。

この曲がキーになることは、充分わかっていて、1曲目にやった時も、
「え?最初にやっちゃうの?」ってみんな思ったところに、
まさか、でもやっぱり、な♪彩り。

こんなに大きくなって、ひとりひとりの顔はみえなくっても、
いつかきっと会えるって、あたたかい気持ちでライブを終わりまで楽しめた。
次もきっと会える。そう、次は横浜ね。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/9
TRACKBACK