1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ “さざなみOTR”レポ(12/22・23仙台サンプラザ)
JUGEMテーマ:音楽


やってきました。仙台サンプラザ。
大好きな会場です。
黒ちゃん(コブクロ)に言わせると、筋肉マンコロシアム(笑)

3階でも、まったく問題ない、とっても近いのです。
今日はメガネ必要なしです。
さざなみOTR、2公演目です。
見るたび好きなところが増えていく。

ドット柄の照明

「P」でハンドマイクを持って歌うマサムネ、
広めのカラオケボックスに一緒にいるみたいに、右手がぎこちなくて、いい。


「ネズミの進化」の前奏アコギ、たまらない。

「群青」やっぱりいい。

「楓」のオレンジ色の照明、泣きそう。


いつもよりMCいっぱいだったかな。
崎ちゃん
「さくら野行ったんだよー、それでさ、ヨドバシ行ってさー・・・」
テツヤ
「オレはマツキヨ行った。洗い流さないトリートメント買ったよ。ちょっといいにおい揺れるハート
リーダー
「宇宙一好きな会場でやれて嬉しいです。
 武道館はやらないって前から言ってるんだけど・・・ここがあるからいいかなって」

マサムネ
「クレバくんのライブ見てたらさ、メンバー紹介の時も絶えずリズムが流れてるんだよね
 (自分でネズミの進化の前奏をやり始め)
 2階のみなさん調子はどう?」

 ちょっと、ドリフの早口コトバ「生麦生米生卵」みたいなリズムでした(笑)
 爆笑。


明らかに、宇都宮とは違う演奏が流れている気がしました。
それは、会場が違うからか、いくつかの公演をこなしてきて変わったのか、分からないけど。
「砂漠の花」 終わりと思ってた壁も、新しい扉だった・・・
マサムネがハンドマイクで歌い、ステージの少し前に出てきて、手を伸ばします。


意味深な歌詞は、それほどない。パズルみたいな単語が並ぶけれど。
時々こんな、ハッとするフレーズが耳に残るんだよなぁ。
でね、これが後で効いてくる。
仕事してて、急に「さーばーくのはーなの、おもーいでーはーいーまもー」って
口ずさんじゃう。そうなったらもう、離れないんだよね。
そんなこと繰り返してるうちに、離れられなくなっちゃうんだよなぁ・・・
2007年、3公演終わって、今、まさにそんな状態です。

でもね、2007年、20周年の最後の曲は



ロビンソン(笑)
スポンサーサイト
- | - | -