1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ祭り レポ(7/21Zepp Tokyo)
なぜ書き忘れていたのか・・・
それはライブ予定が立て続けだったから・・・とはいえ、
ごめんなさい、SPITZm(__)m20周年だというのに。
でも、楽しかったよ・・・私の身長が、あと5センチでも高ければ。

今日はそんなに前じゃなくて、ゆったり目に見ようとは思っていたんだけど、
それがアダになったのか・・・手すりはつかんだものの、前が見えない(>_<)

KREVAが出てきた時は、「あ〜なんか遠くでKREVAが歌ってる〜」という感じ。
「くればいいのに」でマサムネが出てきたけど
マサムネ・・・が遠い。やっぱりライブハウスは攻めるべきだ!
と気持ちを新たにした瞬間でした。

MONGOL800は、生で初めて見ました。予想はしてたけど、激しいんだね・・・
SPITZとは沖縄で対バンしてたり、名前はちょくちょく出ていたけど、
とにかく音が大きいだけじゃなくて、振動がおおきいバンドだなぁ・・・と。
直前に起きた、那覇空港での飛行機炎上事故の話題が出て、
「来れないかと思ったけど、よかったよー」って言ってました。

で、SPITZ。
ところで、セットリストは、、、基本、ロックロックと同じ感じでした。
ん・・・こんな感じかなぁ・・・と。また違った感じで来ると思ったから。
やっぱり「うめぼし」だな。
「胸に咲いた黄色い花」が懐かしいな。
「群青」聴いても、20年経った変な気負いもないし、(意気込みはあるだろうけど)
初期の曲も、新しい曲も、さらっと一緒に聴けるのが、SPITZの良さ?
次の20年も同じようなら、これはすごいことです。
時代の流れや、アーティスト自身の心の変化で、曲が変わっていくのも、
それはそれであり得るし、いいことなんだと思う。
しかし、SPITZはなぜ、SPITZのままなんだろう・・・不思議。
こんなこと思いながら、ずーっと追いかけちゃうんだろうな・・・
と想いを新たにした私でした。

書くのが遅くて、思い出を語る感じになってしまったかな(笑)
スポンサーサイト
- | - | -