1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
くるり “ふれあいコンサート” レポ(9/14高崎市文化会館)
くるりが高崎に来た!!
しかも、こじんまりした会場です。
今までもライブハウスとかでやってくれていたけど、今回は1階しかない、
そうだなぁ・・・ちょうど映画館くらいのスペース。

しかし・・・駐車場がショックない・・・

あわてて近くの時間貸しPに入れて駆け込むも、
あぁ・・・ブレーメンの前奏が汗絶対この曲から始まると思ってたんだー!!
と思いつつ、前奏始まってても滑り込みで入れてくれました。

淡々と演奏しているようだけれど、岸田さんの熱い姿。
一般的に言う「歌が上手い」ではないかもしれないんだけど、
何か楽器の音のように聴こえたり、でも時に和音みたいな、幅のある声に聴こえたり。
不思議・・・としか言いようがない音楽が、空間に満ちていくのです。

「ばらの花」「ワンダーフォーゲル」馴染みのある曲に混ぜて、
「ハム食べたい」前奏から???岸田ワールド全開で後半へ突入!!!
いつもみたいなロックな感じより、オーケストラアレンジが多くて、
くるり本体が2人だけだとは思えない大きな音が、ホールに響いていく。
アルバム「ワルツを踊れ」を中心に演奏されていくのですが、
私の大好きな瞬間は、岸田さんがアコギを弾く時。なーんか好きだなぁ。
今まであんなにアコギ持って歌ってたかな?気付かなかったのかな?
それと、これまたいいのが、「JUBILEE」のサビに入る寸前のギター、
ここを照明が抜きます!!これがカッコよかったー!!
私、こんなに岸田さん好きだったっけ??

そして、忘れません。電車オタク?な岸田さんならではのMC。
「上信電鉄という電車に乗ってきました。下仁田まで行こうとしたら、
 台風の後で土砂崩れだから南蛇井からバスで言ってくれと・・・」
「南蛇井で降りると、every小学生達が僕に挨拶をするんですね・・・
 あ、別にくるりとばれてるわけじゃないですよ。
 僕はね、これから会った人全てに挨拶しようと思いました(笑)」

途中で休憩入るし、サスペンダーズというコーラスを主にしてくれる3人組がいたり、
かーくんという何でもやってくれる外国の方がいたり・・・
岸田さんが指揮者になったり。どこか外国のショーを見てるような感じでした。
スポンサーサイト
- | - | -