1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コブクロ“蕾”TOUR全曲感想Α船▲鵐魁璽襪肇汽廛薀ぅ
いきなりココへ飛んできてしまった人は,らどうぞ

18.DIARY(新曲)
将来的に「NOTE」みたいになっていく曲なのかな、と思います。
黒ちゃんAメロを歌う時の表情も、NOTEの時みたいに優しさ120%に近いんじゃないかな?
日々の他愛もない出来事を、日記に書くように綴った曲。
日記って、今は時代が変わってネット上で公開しているものもあるけど、昔は人に見られたくない、触られたくもない日記ってあったと思います。そんな、僕しか知らない、忘れてしまうような出来事を書きとめて、僕はこんな小さなことも覚えているよ、と言いたい。
「先々行くなよ」この言葉が妙に好きです。
このAメロからの歌詞、黒ちゃんだったら・・・と勝手に黒ちゃんバージョン書きます。
どこやねん!デパートって分っかりづらいな・・・
あ、おった!何試着してんねん!お前、先行くなって!
ん?でもそのスカートいいんちゃうん?
ま、似合わんこともないし、おかしくはないで・・・

みたいな感じかな・・・失礼しました。

「とっても似合ってるよ ちっとも変じゃないよ」
この辺りを歌うのは、やっぱりコビィなんだよな・・・
「君色」でも「好きだけじゃダメなこと 分かってるけど 好きな気持ちに何が勝てるの?」
こういう男性像はやっぱりコビィだな・・・

19.風見鶏
昨ツアーの新曲ですね。今回のWhite Daysくらい衝撃でした。これも黒ちゃんの歌い方が存分に出ていた完成度の高い感じでしたね。早いリリースに喜びました。
今回から加わったヨッシーのピアノ。ツアーが始まった頃はなんだか間が合わないときもあったような気がしますが・・・タメがあるというか、余韻のある演奏だな・・・と感じるようになりました。CDよりもちょっとゆっくり目に、抑揚がある歌い方で更に引き付けられました。吸い込まれるように聴いていました。もちろん目玉は、アカペラ・マイクオフですね。どこでやるのか楽しみなのですが・・・いつものパターンからですと、「蕾」でやるのかとも思ったけれど、やはりあの部分はしっかり歌詞を伝えたいのもあるだろうしね。しかし、ここですか!ラストもラスト、しかも力強いあの部分で2人の生の声が響きます。
「弱い自分に勝てるなら 誰に負けたっていいさ」
ホールクラスではもちろん、音響?のさいたまスーパーアリーナでも
ちゃんと届いていました。
2人の声は、歌は、いつだって私たちを励まして、負けそうな自分を奮い立たせてくれる。何かに挫けそうな時、敵は辛い環境・境遇じゃない。諦めようとしている自分。自分が諦めなければ、道は続くんだ。
だからこの曲の蕾たちも、きっといつか、花開いて再び姿を現す時がくるはず。その時が来ると信じていれば、すぐじゃなくても、きっといつか。


最後に、新潟公演では、半月ほど前に地震の被害にあった地域ということで、
サプライズで「YELL」が演奏されました。

※YELL
どんなに小さな蕾でも凍える冬を越えればほら
春が来るたびに鮮やかな花が咲くのだから
あなたがこうして歩いてたこの道 間違いじゃないから
春には大きな 君が花になれ


新潟レポでも書きましたが、この「春」は季節じゃなくて、花が開いた時が春。
自分がこっちだと決めた道は、進んでみれば、いつかどこかへたどり着く。それはもしかしたら、大成功じゃないかもしれない。もっと大きな成功を収めた道があったかもしれない。でも、それは仮の話。咲いた花は、もしかしたら小さいかもしれない。その小さな花を咲かせたとき、もっと大きな花が望みなら、またそこから、大きな花を求めて新しい道を進み始めればいい。その節目節目が、門出なのだから。

最初は新曲いっぱいだったから、覚えるのに必死だったけど、曲に対する想いがどんどん
増していって、最後にはもう聴けないのが寂しい状況に。
あー早くこの蕾たちを、満開にして花びらを散らせてクダサイ!!
上手に肩には乗せられないけど、必ず1枚とって大切にします。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/56
TRACKBACK
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2010/08/05 20:49