1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ロックロックこんにちは!レポ(8/16Zepp Sendai)
その1399番がどこまで行ったかというと、
3列目辺りまでのし上がりました(笑)
なぜかねぇ・・・スペースがあいてたんです。なんでだろ・・・

トップバッターはチャットモンチー
正直、若いし、女の子だし、テレビ以外では耳にしたことがない。
ごめんなさい・・・

見たまま言うと・・・
「頑張ってるなー」って感じです。
MCなんかも、面白くしようとしている様子は分かります。
時々「あぁ・・・スリーピースなのに、よくここまで音作ってるな」って
思える時間がありましたね。こういうバンドって、将来どうなるのか、気になります。
ボーカルの子の声は、YUKIちゃんに通じるような感じがして、いいなって思いました。
昔はスピッツのカバーバンドをしていたとか、、、

続いて、スキマスイッチ登場。
おぉ・・・スキマファンがけっこう多い。むむ・・・だからチケット大変だったんだなぁ・・・
マリンスノウ、ふれて未来を、全力少年など、間近で聴けて貴重でした。
やっぱり大橋君は、声が大きくていいですね。
MCは胃カメラの話で・・・鼻から入れるか、口から入れるか・・・何の話だ。
常田君は身長が若干伸びた・・・という。
今の身長測る機械は、自然にてっぺんを検知して跳ね返るということで・・・
アフロの厚みを検知しているのではないか・・・と(笑)

キーボードにミスチルでおなじみの浦さんが来ていたり。
浦さんも、今回のミスチルツアーには同行していないもんね。こちらでご活躍ですね!


さてさて、いよいよスピッツです。
2月のGOスカ以来のもみくちゃになる予感。(GOスカレポへGO?

いきなりやったのは「座敷犬の歌」
これはいくらなんでも知らないわ・・・かなり昔の曲なので、ほとんど知らないでしょう。
会場で「知ってる!」って言った人がいたみたいですが、
「え?うそ〜」ってマサムネも疑いの眼差し・・・
その後、曲順は違ってると思うけど、

ロックロック?こんにちはー\(^o^)/

お決まりのごあいさつです。ことしも決まった。
なぜかハニカミながら問いかけるマサムネこそ、ハニカミ王子だ!!!

「スパイダー」
戻れないから!!と手を上げるのが好きかな。

「8823」
無条件に前奏からぴょんぴょん跳ねたくなる。
サビの盛り上がりは半端じゃない。今は振り向かず君と・・・
この余韻で手を上げているのがたまらないんです。

「スピカ」
ゆったりな曲調なのに、なぜかみんなの手が上がる。
彼方へ〜で星を指すように手を上げると、遠くへいけるような気がします。
これはコブクロの「彼方へ」も手をのばすし、曲調は違っても同じ気分なのかな。

「スターゲイザー」
あいのりの曲ですね。これも 翼になる〜 で手をのばす。余韻がいいんだ・・・

「俺のすべて」
これは文句ないっす。盛り上がり。
タムタムは飲み物をばらまき・・・きっちりかかりました。ただの水であることを願いたい。

「ルキンフォー」
春に出たシングル。つな〜げた〜い〜♪、届きそうな気がしてる♪
ってトコがマサムネらしくて良いんです。
届きそうだし、気がしてる・・・届きそうだ!じゃないんです。わかってもらえるかなぁ・・・

「群青」
シングルで実際にコーラスに入ってもらってる、スキマの大橋君を迎えて。
マサムネの声は、やはり異彩を放つのか、あまりコーラスでしっくりくる人がいないと
嘆いてましたが、大橋君はどうもしっくりきたようで、喜んでました。
去年の春になんばHatchでやった「チェリー」のイベントで意気投合したみたいです。

「飲みに来ないか」(スキマスイッチ)
常田君も迎えて、その、なんばHatchでも披露した曲。
マサムネの声も曲にあってて、とても良かったんですよ。それがもう1度聴けてラッキー。

そして何より嬉しかったのは、
「うめぼし」
この詞に何度涙したことか。
値札のついた心 枠からはみ出せない 星占いですべて片付けたい
知らない間に僕も 悪者になってた 優しい言葉だけじゃ物足りない

穴の開いた長靴で 水溜りふんづけて 涙が出るほど笑い転げたい
知らない間に僕も 悪者になってた 優しい言葉だけじゃ物足りない


前奏が始まった途端に、私は反応しました。やっぱりドレミファドンだ!
タイトルで驚かないで、とりあえず聴いてほしいな。

たぶんこれで、全部だと思うんですが、ぬけてたらごめんなさい。

いや・・・久々に飛んで、跳ねて。右腕痛いです。
ちょっとスピッツの熱さに、驚いた人も多いんじゃないかな。
それもよし。でも、聴かせる時は聴かせるのだ。
マサムネのいつまでの透明な声と存在?
これはもう、永遠です。
なんだろうなぁ・・・ミスチルとも違う。明らかにコブクロとも違う。
ぴょんぴょん飛べるように、靴の底にバネをつけてくれるような感じ?
プールでゆっくりプカプカするために、浮き輪をもらうような感じ?
正直疲れるんだけど、またどうしても行きたくなっちゃうのね、スピッツって。
というわけで、21日もスピッツです。今度は祭り。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/49
TRACKBACK