1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コブクロ“蕾”レポ(7/25仙台2)
7月25日、仙台レポ続きです。(その1はこちら
新曲が何曲も披露されてきたわけですが、
特に私がいいなぁ・・・と思うのは、、、
「White Days」かな。今のところ、いちばん完成度が高い感じがします・・・
前にも書いてるけど、黒ちゃんのこのAメロ、最高なんですよね。
「♪長い一瞬」の“ん〜”この一文字で黒ちゃんの声がいくつの音を出しているか!
「♪どれだけの」の“どれ上向き”の低音。「♪そう思うよ」の優しさ。
そしてコビィの切ないサビ。「♪喜びの〜空を飛ぶ日も〜」ここからの声の伸び。
整っている。既に何かドラマの主題歌として書き下ろしたかのような、ストーリー感。
この曲を一押しする旨、アンケートに書いてきました。いい知らせが聞きたいですね。
もちろん、他の曲も好きなんですけどね。

今日も「蕾」のMC、涙ものです。
就職して、大阪に行ったコビィ。
夏ごろ、電話がきてね、「ちょっと調子が悪いんよ」って。
お盆に戻ったら、風邪もひかない母がベッドに寝ていた。何?と思ったけど、
大阪に戻らなくちゃいけない。宮崎からの飛行機で人目も気にせず涙を流していた。
「もうこのまま2度と会えないんじゃ・・・」なんて思ってしまって。
僕に、姉に、父に・・・何が起こってしまったんだ、今まで何でもなく過ごしてきたのに。
どうして僕達に・・・
それから、また電話があって、またちょっと調子が悪いんだ・・・と。
その後は2週間位だったけど、最期までずっとそばにいることが出来たんです。
僕が中学・高校の頃、母はものすごく働いていたんです。
朝は漬物屋、昼は自宅、夕方、夜と・・・僕は、母は働くのが好きなんだと思っていた。
でもその頃、うちは大変だったんだ・・・と後で気付くんです。
この曲も、母は大好きだと思うんです。今日も、なんだか歌っている気がしなくて、

(24日のMCでも言っていますが、声は出るけど、力が入らなくなるんだそうです)
でもちゃんと歌えてて。だから今日も、母がここに歌いに来てたんじゃないかと思います。
お前の事を書けと、黒田が言ってくれて・・・僕が気持ちを込めて作った曲を、
自分の事じゃないのに、僕以上に気持ちを込めて歌ってくれる・・・そんな相方です。

一斉に拍手が起こる。黒ちゃんもちょっと照れくさそう。
「ただいま、ご紹介に預かりました・・・」

今日はね、ステージにいる人はわかってると思うけど、ものすごくいいよね?
なんか、こう、みんながキュッとこっちに集まってるって言うか・・・ね?ね?

とメンバーに振り返るコビィ。山田マンが黙って「うんうん」ってうなずいてる。
黒ちゃんは、みんなが座ってる時、静か過ぎてみんな帰ったかと思った(笑)
聴いている人も、吸い込まれるくらいいいライブだって事です。
こんな風に言ってくれると、こちらも嬉しいですね。

さらに黒ちゃんが「今日、何がいいって、オレがいい!!」グッド
ご機嫌です。嬉しいなぁ・・・(^^♪

盛り上がりコーナーを前にしてギターを準備するコビィ。
黒ちゃんがトークでつないでいるのに、前説ADみたいにステージ袖で拍手したりしてる。
「お前、オレが話してる間に、はよ準備しいや!弾く人と弾かん人と、役割があるやろ」
あ・・・とその後、せっせと準備するコビィ。
「3階行くぞー!」とコビィが言うが、突然で準備ができていなかったのか返事が無く、
ステージに倒れる。ブーツの底が見えるくらいステージに伏せてしまい、
黒ちゃん「あぁ!小渕!シークレットブーツのシークレットの部分がバレるで!!」
やめて見ないで!!とばかりに(笑)慌てて隠すコビィ。
お前、否定せいよ!そんなんしてるからアンケートに書かれるんやで!大丈夫や、
シークレットやない!おしゃれブーツやで!
ちっちゃない!お前そんなにちっちゃないぞ・・・

それで機嫌が良くなるかと思いきや、
「ちっちゃないって言う時は、ちっちゃい思ってるから言うんや。
 ちっちゃい思ってるんや・・・」

まるで子供みたいにすねるコビィ・・・しゃーないなあせあせと笑う黒ちゃん。

気を取り直して、ストリートのテーマではCall&Response。
女性のみですが、かなりの声が出てて、「色気無いけど声出てるよー!!」とコビィ。
そのまま「彼方へ」でおいきなさい!ポーズ!黒ちゃんと一緒にできて、なんか満足。
黒ちゃんの新曲「月光」初めて聴いた時はアップテンポで詞が読み取れなかったけど、
 こぼれ落ちた涙なら、拭えばいい。はがれ落ちた自信なら、もう必要ないさ。
 やさしさに縋ったって、道に迷い込んだっていい。
 ポケットに入りきらない夢は、こぼれ落ちてゆくだけさ。(ちょっとあいまい)

だんだん詞が聴こえて来て、黒ちゃんの熱い気持ちが分かってきて、俄然盛り上がる!
続いて「LOVER'S SURF」
Aメロでコビィはギターを弾きながら前を向いている。その時黒ちゃんは・・・
ハモりを忘れた様子で、ノリノリの曲を歌いながらコビィが不思議そうに右を見る・・・
そのそろりと見る様子と、ノリノリの曲のギャップがおかしくて、会場爆笑。
でも、爆笑はそれが理由じゃないんです。
この曲から黒ちゃんが急変!自分の新曲が終わってほっとしたのか、
本能が押さえられないほど楽しくなっちゃったのか・・・ジャイアン気質全開!
ハマゲにイタズラし始めていて、ハマゲの近くに行ってたんです(笑)
「え?」みたいに黒ちゃんもコビィを見る。するとコビィは歌詞を珍しく間違える・・・
激しい曲が流れる中、この不思議がいっぱいのコビィの顔。
黒ちゃんは爆笑して「オレじゃない!あいつあいつ!」とコビィを指差している。
コビィも一応元に戻り、歌い始める。
しかし、1度ジャイアンになった黒ちゃんはもう止まらない!!!
次の「神風」が始まってもギターに縛られてスタンドマイクから離れられないコビィを
よそに、ギターで手がふさがっているハマゲに何か飲ませたのか?くわえさせたのか?
「アダムとイブのように〜」とか歌いながらマーちゃんのトコ行って、
頭にタオル乗っけたり、使ってないスティック?で頭つんつんしたり
自分でやって、爆笑してる・・・ものすごい楽しそう!!!
それを見て私達は爆笑が止まらず、歌の途中なのに手を叩いて笑ってしまうほど。
コビィは気づいていたんだろうか・・・この異様な会場の爆笑に・・・
そして、黒ちゃんがジャイアンになっていたことを・・・
爆笑しながらも、ハートの形ラブもキラキラもジャンプも全部こなし、満足。
いや〜すごかった!!楽しいし、涙流して笑ってしまった・・・
メンバーがステージからはけると、「はぁ〜」って息が切れるほどだった。

そして、今日のストリートのテーマ。
声が異様なくらいそろって、昨日よりもすごかった。合唱コンクールか!ってくらい。
これを裏で聴いていたら、喜んでもらえると思うなぁ・・・
2人に届くように、長い間大きい声で歌いました。
ようやく出てくるなりコビィは指笛でストリートのテーマを吹きながら、指揮をして
みんなを歌わせます。一方黒ちゃんは今日はカラ指笛ではなく、指をくわえて
「ファ〜サ〜ファ〜デ〜フォクラ〜」と完全に歌ってます。
「お前、歌ってるやないか・・・」

いや〜と顔を見合わせて笑っている2人。「今日はいいですよ」
冒頭で、このホールは円形で後ろまでの距離が近いのと、天井が近くて反響がすごく、
1.5倍くらい盛り上がってる気がすると説明していた黒ちゃん。
「ホールのせいじゃないですよ!ライブはホールでやるんじゃないんです。
 お客さんの前でやるんです!!」
と黒ちゃん。盛り上がる客席!
だいたいコビィがMCして、黒ちゃんはうなづいている事が多いんですが、
黒ちゃんがこういうこと言うの珍しいですよね?嬉しかったのかな・・・
黒ちゃん:「オレ、感動してハマゲのギターが2本に見えるんやけど」
コビィ:「最初からじゃ!!見てたやろ!!」
絶対いい。今日はいい!終わらない拍手。ニコニコする2人。
やまない拍手をさえぎるように「もう1曲新曲!」と発表するコビィ。
もう、さえぎらないと、拍手が終わらないから!!!
ちょっと静かになったところに「黒田さ〜んぴかぴか
「急用か?」とコビィ。会場も黒ちゃんも、言ったコビィも爆笑です。
マイクコードを直しに来た女性スタッフに黒ちゃんが話しかける。「今日いいよねぇ?」
しかし、気付かず去ろうとするスタッフ、手をのばして追いかける黒ちゃん・・・
コビィも話しかけるが、気付かない。やっと気付いたが、恥ずかしげに去っていく。
「ビックリしたー(笑)」
「あ、でもね、赤○さん移動日しか化粧しないんですよ。化粧してると
“あ、今日戦闘モードや!って。あ、あ、ゴメーン、赤○さーん」
と謝る黒ちゃん。
(たぶんこの話、アンコール後に言ってたと思うけど・・・違ったらゴメンナサイ)
そんなことがあって「Diary」
「先々行くなよ」がかわいい。日記に書くような、その日あったなんでもない出来事。
でも、あとで読み返してみると、「こんなことあったなぁ」って微笑ましくなる。
そんな日々が過ごせたらなぁ・・・そんなこと思いながらニヤニヤして書いたのかな。
どの曲がこの先CDになって出てくるか。ホントに楽しみですね。

一転して静まり返った会場に響く「風見鶏」
最後のアカペラ、マイクオフ。2人の声の合い方がすごかった。
声が近く感じられる会場だからかもしれないけど、とにかくすごかった。

今までファイナルとか、初武道館とか、メモリアルなライブは別としても・・・
いちばんのライブだったかもしれない。本気で思いました。
仙台サンプラザ最高。コブクロの2人も、必ず仙台に戻ってくると約束していたから、
私も必ず戻ってくると、約束します(笑)

長いレポ読んでいただき、ありがとうございました。

※後に黒ちゃんはTEAM KoBuKuRoで
「完全燃焼。。。これまでもそう思えるライブはあったけど、何か違う」
とこの日のライブの感想を書いています。嬉しいですね。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/44
TRACKBACK