1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コブクロ“蕾”レポ(7/25仙台1)
今日も仙台。
前日の興奮冷めやらぬまま・・・またしてもやってきました、仙台サンプラザ。
今日のお席は、1階真ん中あたり、コビィ側です。
山田マンが目の前だ・・・気恥ずかしいなぁ・・・
実は昼間仙台の街をふらついていると、、、
アーケード街で時間を潰していると、発見、山田マン。
どっから見ても、山田マンです。絶対に山田マンぴかぴか
まっしぐら・・・と言うのも何だな・・・って思ってたら、山田マンが方向転換して私の方へ!
私:「あ、あの〜昨日楽しかったです!」
山:「どうもありがとう」と右手を自ら差し出してくれる!!
  「また見に来てください!」
私:「ありがとうございます。今日も行きます!!」
なんと爽やかな・・・目がキラキラしてて、やはり、ただのサポートじゃありません。
あ、でですね、山田マンの目の前で気恥ずかしかったわけです。

さて〜ライブです。なんでしょう・・・2人が最初からあふれんばかりの気持ちで歌ってる。
それが見ていて分かるような・・・前日からいい感じが続いてる気がします。
特に、「君という名の翼」では後半にマーちゃんのドラムがカッコよかった!!
何ていうんだろう・・・ちょっとリズムを変えたんですよね。前回の「潮騒ドライブ」
2番の♪大胆な水着に〜 のところみたいに。やるぜマーちゃん!!
それに目をやる黒ちゃんがまたいい。きっと「やるねぇ」と思ってるに違いない。
3曲終わって、メンバー紹介。
あれ?抜かしてない?こんな順番だったかいな・・・と思ったその時!!
「お待たせしました!今日が誕生日!2ndバイオリン藤縄陽子!!!」
コビィが歌いだす「Happy Birthday to you〜♪」
ヨッシーのピアノに合わせて、監督さんと石ちゃんがケーキ2ケーキを運ぶ・・・
黒ちゃんが「いくつになった?」とためらいも無く聞く。「27歳、女盛りですね〜」
退場の時、マーちゃんがドラムでマーチを鳴らす。「気の利いたドラムでしょ〜」と黒ちゃん。

どっから来た、では青森から車で5時間と4時間という2つの声が。
黒ちゃん「何や、車種の違いか?」
コビィ「飛ばしすぎやで4時間の人、1時間縮めるってかなり飛ばさんと・・・」
山形県の話題では黒ちゃんが「山形は山形牛や!」と自信満々な顔。
会場がザワザワ・・・「え?何?オレ間違い?」「米沢牛!」とそろった声が会場から。
挽回しようと黒ちゃん「福島はさくらんぼや!」 会場「それ山形ー」
アホかお前は・・・と「福島は桃じゃ、桃」とさすが るるばー小渕!会場から拍手が。
「お前な、ピーチ姫じゃ!今度な、歴代ピーチ姫が一同に会するんやぞ。
 この前ニュースでそれみて、オレはクギヅケになった!」

「えっ?あのピーチ姫たちが?初代のあの人も?3代目のあの人も?」
「お前は初代知ってんのか???オレもピーチボーイとか言って作ってもらおうかな」
右手の指を3本くらい出して「ピーチボーイです」と繰り返すコビィ・・・
「手でももの形とか作ったりしてなぁ・・・」と神風の時みたいに揺れるハートを手で作る
・・・黒ちゃん苦笑いあせあせ

その後あちこちから声が飛び、もうどこからか分からない状況に。
1度静かになってからコビィ「今やで・・・」
そんななか「とちぎー!!」と叫ぶ複数の声。
コビィ「何?とちぎ?」 キャー!!!
あれ見たか黒田!といわんばかりの表情で「コブチが拾ったー!!みたいな感じか?」
黒ちゃん「ソコとソコは1ペアか?」  違ーう!!
「なんやさっきまで一緒にとちぎーゆうてたのに!仲良くしいや!!」
もう「群馬」は響きが悪くて絶対拾ってもらえないから、寂しくてあまり叫んでない私。

さて、MC行きますか!順番や言い回しは違っているかもしれないけど、一気に行きます。

・黒ちゃん、立見の人に向かって「あ〜そこ立見か!!ひやかしの人かと思った!」

・このホールの他って仙台はどこがあるんですか?という問いかけに
 「グランディ」「イズミティ」と声が上がる。
 コビィ:あぁ、指で2と1を出して「21? ミュージックフェア?」
 待ちきれない黒ちゃん「こんばんは、恵 俊彰です!」「こんばんは、鈴木・・・」と
 コビィが言おうとする寸前に「鈴木杏樹です!」と黒ちゃんが!!
 「なんでお前が両方やるんや!両方サングラスやったら成立せんやろ!!」

・黒ちゃんは朝パンでも買いに行こうとエレベーターに乗ったとき、ついクセで喉の
 チェックをしてしまい、「あぁ〜はぁ〜おぉ〜♪」と声を出してしまった。
 そしてエレベーターを降りるとスタッフの人がいたらしく、
 「黒田さん、何を朝からエレベーターで全開で歌ってるんですか!!!」
 意外と密閉されてない空間のようで・・・
 それ、途中の階で聴いてた人いややな・・・とコビィ。モータースポーツF1みたいに上から下に・・・

・黒ちゃんがジャイアン気質だという話になり・・・コビィが昔の話をする。
 「カプセルホテルに泊まるってなった時な」と話始め、黒ちゃんがステージに崩れる。
 「それ言うか?」という表情。面白い話を思い出したんだろうな・・・
 ミナミで帰れなくなったんやったかな?カプセルホテルに泊まる事になったんですよ。
 そしたら、そこの大浴場みたいなとこでね、洗い場でちょっとマンガ喫茶みたいに
 なってるんですけど・・・
ここで黒ちゃん「フロがマンガ喫茶?」と突っ込む。
 「仕切られてるってこっちゃ!なんでフロでマンガじゃ!ベチョベチョやないか!」
 「だいたいな、お前が入れるカプセルホテル見つけるの大変やったんやぞ!!
 あ、180までですか・・・、あぁ・・・193はムリ・・・、やっぱりダメか・・・って」

 「だいたいお前が翌朝、早朝からストリートやりたいとかゆうからなぁ!!
 結局オレ、足出てたやないか!!朝早いのにおばちゃんに起きてくださいって
 足ポンポンってされて、ムキーってなった!」

 「オレは荷物ひっかけるやつかと思った」 
 で、隣どうしで洗ったりしてるわけですが、まぁそんな時ってちょっといい話に
 なったりして「最近どうなん?頑張らな、なぁ」なんて真面目な話になるわけですよ。
 絶対に家にはないようなまっピンクなシャンプーとかでね、髪洗ったりしてて・・・
 下向いてシャワーしてる訳なんですけど、いつになってもね、泡が消えないんです。

 (笑)なぜかというと、僕が上からシャンプーをずーっとたらしてるから!!
 だってね、こいつ1分とか2分じゃないんですよ!5分くらい気付かないで
 「あれ?このシャンプー泡が・・・あれ?泡切れ悪いなぁ・・・あれ?黒田君?」って
 ずーっとやってるんですよ!!!!!周りの人も見てるんですよ。
 だんだん僕が悪い人みたいに見え始めてて、気付けばシャンプーも残り少ないし、
 どうしよう・・・オレ、ものすごい環境に悪い人や・・・

 「もうマンガもベチョベチョやな・・・」と自分でうまいこと落としてたね(笑)
 あの時ほど看板とヘルメット欲しかった時ないわ・・・
 「スター どっきり マル秘報告〜!!!」あれ?これ古くて笑えない?

 いえいえ、私は爆笑してましたよ・・・

・ジャイアン気質と言えば・・・
 ハマゲにイタズラするヘアメイクさん。ホテル部屋から電話して
 「フロントですけど、火災報知器がなっているみたいなんですが・・・」
 「え?どれですか?」と部屋をうろちょろしている様子。
 「鳴ってないですか?あ、ちょっとこちらで確認してみます」とか言って1度切る。
 またかける「フロントですが、やはり鳴っているようなんですが・・・」
 「え?え?どれが?この丸いのですか?」と慌てるハマゲ。
 同じタイプの部屋にいるので、どれを見て言ってるか手に取るようにわかり、
 もう笑いをこらえられず切ったらしい。

・もうひとつジャイアン気質・・・
 昔ホテルで黒ちゃんの隣の部屋から、全開で久保田利伸さんの「Missing」が。
 隣は小渕やし・・・携帯だと分かるから部屋の電話で
 「あ、お客様スミマセン・・・あの・・・お部屋から久保田利伸さんの曲が・・・」
 「あぁ!ス、スミマセン」と慌てるコビィ
 「お客様、次はミスターチルドレンさんの曲でお願い・・・」
 「???お前かびっくり ちょっとお前、サビ歌ってみろ?とコビィが
 「I Love you 叶わないものならば〜いっそ忘れたいのに忘れられないすべて〜が〜」
 この「すべて〜が〜」って上がるのがいいんやなぁ・・・
とかなり聴き惚れる歌声ハート大小

・コビィ:学生の時新聞配達をしていたのですが、自転車に乗るのに当時流行っていた
 ZIGGYの「GLORIA」(1988年くらいかな?)がぴったりだった・・・と自転車
 「Oh!グローリア、I need your love お前〜の熱いハートで」と自転車に乗って
 降りて、止めて、スタンドを蹴って、新聞とって、走る・・・再現してました。
 で、朝3時位から始めて5時くらいにテンションがMAX右斜め上
 エレベーターのあるマンションは休憩みたいなもんで、エレベーターの中はご機嫌
 なんですよ。朝誰もいないしね・・・そんな時はもうサビを全開で♪♪♪
 ただ、そんな時に限ってエレベーター開いたらいきなり人がいて
 「熱いハートで Hold me tight・・・ン・・・おーはようございまーす!!!」
 このオレの盛り上がりはどこへ持ってったら・・・

 でもオレは尾崎派やから、ゆっくり「I love you〜」ってな・・・
 そんなゆっくりこいでたら、じいさんに追いつかれるわ!!!!!
 黒ちゃんの「I Love You」にも会場、酔いしれました。

・「ベガルタ仙台」の発音を「ヴェガルタ」と英検持ってるから!と得意気な黒ちゃん。
 「じゃ、ベンジョンソンは?」「ベンジョンソン!」とあっさり日本語読み。
 それは普通なんや・・・

今日は2人がいろんな人の歌を歌ってるの聴けて、なんだかお得な気分です拍手
つづく・・・
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/43
TRACKBACK