1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ap bank fes'07 レポ1〜ぬかるんだ芝生とつながる音楽
16日、つま恋の空は曇っていて、2日間が中止になった不安な気持ちを
引きずっているような、そんな色でした。
ライブ会場になる芝生、いたるところがぬかるんで、台風の事を思い出させます。
それに、ここまで復旧してくれたスタッフの方に、本当にお礼が言いたい。
そんな気持ちでした。
当初のプログラムからは大幅に変更され、いきなり櫻井さんが歌います。
「初日にして最終日」ap bank fes'07の始まりです。
この日のために作ったらしい。晴れバージョンと・・・そうじゃないバージョン・・・
でも、みんなの心の中は快晴でしょ?と歌い始める。
「よく来たね、大変だったんじゃない?」

台風のことで、出発するか、待とうか・・・
新幹線大丈夫かな?ホテルキャンセルかな・・・
いろいろ考えてこの場にやってきたみんなには、スポッとこの曲が埋まって、
一気に「今年もこの場所に来たんだな」って実感していきます。

いきなり登場、GAKU-MC。
夜、櫻井君に呼び出されてマラソンしました。そして恐ろしいものを見ました!
続きはWEBで・・・
会場をあっためて、はけていきました・・・。

1日目・2日目に出演予定だったアーティストも少し残っていました。
HOMEMADE家族は初出場とは思えぬ堂々とした会場捌き?
会場とのコール&レスポンスで盛り上げます。

打ち上げ隊長?のKREVAの登場。
新曲「くればいいのに」のマサムネが歌う部分を、なんと櫻井さんが歌う!
こんなスペシャルなことがあっていいのか!!!

大貫妙子さんの澄みきった声、雨上がりの曇った空にも響きました。

なぜかアメフト姿で登場KANさんには、櫻井さんも「細かすぎない?」
だって、曲の打ち合わせより先に「衣装どうしようかな・・・」
「僕は普通ですよ」って言ったら「いやいや、僕も普通だよ」
それでこれだもん!

「愛は勝つ」はあらためて聞くストレートな歌詞が、逆に新鮮で
ひたすら歌って、ステージに手をかざしてました。楽しい!!!

1人でも何かできたら、と参加のレミオロメン藤巻さん。
粉雪の弾き語りは・・・ちょっと緊張のせい?かな。
コビィ、ギター弾いてあげればよかったのに(笑)

それから、半ば休憩中みたいになっちゃったけど、東田トモヒロさんとDEPAPEPE。
東田さんのことは良く分からないから当日聴いて・・・って思ったら、プログラム上、
みんながワサワサしている状態での演奏になってしまい、ちょっとカワイソウな状況。
でも、力強い声が届くのは分かりましたよ。
DEPAPEPEはインストなのにメッセージが伝わる不思議な音。
つま恋にぴったりなんじゃないかな?

加藤登紀子さんは、テレビでたまに見るくらいで、何も分からなかったけど、
想像より声が響いて、大人の時間が流れていました・・・

そしてシークレット、櫻井さんの「お得だよ」という紹介で誰だか全く想像できないで
見守っているとなんと、氷室京介さん!!
クールに2曲歌って、風のように去っていった・・・
黒ちゃんとコビィ、喜んだだろうな・・・

Bank Bandがやった「ひとつだけ」矢野顕子さんの名曲。
この曲、MIYAが「さかなラジオ」の最終回にもかけてたな。
離れている時でも、私のこと忘れないでいて欲しいの、ねぇお願い
悲しい気分の時も、私のことすぐに呼び出して欲しいの、ねぇお願い

このイントロが私は大好き。実はLP盤も持っている私・・・なぜか。
欲しいものはただひとつだけ、あなたの心の白い扉、開く鍵

実はすごい。
去年「星のラブレター」を演奏したし、今年はマサムネの部分を櫻井さんが歌い、
BOOMで知った矢野顕子さんの「ひとつだけ」を演奏・・・
私のたどった音楽の道が、どんどんつながっていく気がする。


つづく。その2へ
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/38
TRACKBACK