1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Mr.Children "HOME"レポ(6月6日横浜アリーナ)
今日も彩りから始まった。
関東では、ここ、横浜アリーナ公演のみなので、今日が初めてという人も多いよう。
いきなり来たお目当ての曲に、歓声があがる。
MR.CHILDRENです!ようやく僕たちのHOME、ホームグラウンドに戻ってきました!
ワーッと騒ぎながらも、みんな頭の中にはてな?が・・・
「横浜出身なの?」こんなささやきがチラホラ・・・
あ、東京出身のバンドなんですけど、実は渋谷公会堂や武道館はあまりやってなくて、ここ、横浜アリーナはなんと17回!今日は、知り合いの人が来ていて、ちょっと安堵感があるような、ちょっとした緊張感があるような・・・
後から聞いた話で、スキマスイッチがボックス席で見ていたようですね。

今日の私の席は、サイドバック席。ステージを斜め後ろから拝見します。
いつもと違ったのは、今回はスクリーンが、後ろからは眺められないこと。
シフクノオトの時は、後ろからは逆になるけれどスクリーンも見れたんですが、
今回のスクリーンは特殊なのか・・・
でも、JENがちょこちょこ面白いことやってくれるんですよ。
ちょっと後ろ向いてくれたり。

JENの視線で見る、MR.CHILDREN
桜井さんへと、白いライトが、1本伸びるぴかぴか
あぁ・・・確かに目の前で、桜井さんが歌っている。

今回から入っている、コーラスの亮太さん。
ある団体の方なので、親しみがあるのですが、
(言っちゃうと迷惑かかるかもしれないから、言わないけど)
でもこのステージは時給650円だっけ?アルバイトは?
950円です
そっち行けばよかったのに、ねぇ〜
昨日さ、アルバイト先に行ったら、いないんだよ。何?ステージ前だから休みだったの?

はい、お休みもらいまして・・・
な、いっちょ前に・・・
彼には、apフェスの時にリハで仮歌を歌ってもらって、時には小田和正さんになりすまし・・・、またある時はASKAさんになりすまし・・・
あれ?誰がいちばん得意なんだっけ?

ASKAさんです。
ちょっとやってみて。
え?いいんですか?(モノマネする)でも、桜井さんの方が似てますよね
コノヤロー、振り返して来やがった・・・むかっ(といいながら、振りに応える桜井さん)
ASKAさんはね、オットセイになった気分で・・・(モノマネする)
会場は桜井さんの思いがけぬモノマネに爆笑するが・・・
やっておいて、必死に謝る桜井さん ASKAさん、申し訳ございません・・・
いつものツアーより良く話す桜井さんに、ちょっとビックリしましたけど、楽しかった。

その亮太さんに先導された to U
歌い進むに連れて、自然とみんなの手が揺れる・・・まるで、apの最後のように。
みんな、おだやかな、優しい気持ちになっていったのかな。

この日の「終わりなき旅」
息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら
この曲の始まりは、張り詰めた空気に桜井さんのちょっと荒いギターが響いて、
動くこともできないような緊張感があります。
今日は更なる緊張感が!
ギターを鳴らして、
「息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ ただ未来へと・・・」
???あれ???びっくり汗
しかも、桜井さん、止まってます・・・
どうしよう!どうした桜井さん、どうする?桜井さん!
1度息を吐くように後ろへ1歩下がり、すぐにギターを鳴らして歌い始めます。
「息を切らしてさ」
良かったー!!!雰囲気も壊さず、いちばんいい方法で、戻ってこれた気がします。
安心した。あの空気で、「もう1回」はダメだ・・・って桜井さんも思ったのかな。
でも、歌詞を良く知らない人だったら、気が付かないかもしれないくらいです。
たまにはこんなのも、ライブらしくて、いいじゃないムード

アンコールは前に出てきました。
鈴木さんをみなさんにもっと近くで見ていただこうと・・・今日はお母さん来てるんですか?
はい。おかあさーん!母譲りの顔のサイズで・・・、おかあさーん!!!
「あんまり覚えてないや」では、ラララララ・・・と歌いながら、一緒に揺れると、まるで後ろに用意されたコーラスの一般人のような、そんな気分でした。もっと言ってしまうと、まるでMR.CHILDRENの一員にでもなったかのような、そんな満足感でいっぱいでした。
最後の彩り、「今僕の真後ろの人の!」と歌ってくれた桜井さん。さすが・・・
仙台では、「いちばん後ろの人の!」って歌ってくれたんだよね。どこにいても、この歌を届けるよって、桜井さんからの優しい気持ちで、私のモノクロの毎日に、何色か色が塗られたような、なんとも嬉しい気持ち。
後ろ側からで、見えないものもたくさんあったかもしれないけど、見えない分、耳で感じたMR.CHILDRENは、やっぱり最高。最高だ。

セットリストは、2日目、7日のレポに織り込みます。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/17
TRACKBACK