1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Mr.Children TOUR'09〜終末のコンフィデンスソングス〜レポ(5/9長野ビッグハット)
JUGEMテーマ:音楽
 
レポが滞り気味ではありますが、これだけは書いておかないとね。
そう、14年振りのMr.Children最前列。
私と桜井さんの間に、誰もいない、そんな距離感での最前列レポ、頑張ります!!!

チケットが届いた時から、ドキドキしすぎて、どうしていいかわかりませんでした。
私と桜井さんの間に誰もいない…極めて身勝手な個人的レポをお届けします。

思い起こせば…
94年に、Mr.Childrenが初めての武道館公演を行った時、
私は最前列でそのステージを見ることができました。
今みたいに、座席表がサイトで調べられるわけではなく、Gブロックってどこかな〜って、
のん気に出かけて、番号を追っていったら、どんどん前に行くわけですよ。
たどり着いたのが最前列で、何の心の準備も無いまま、一心にステージを見たのを覚えています。
それからホールクラスでは1桁列のチケットは何度も届きましたが、それからというもの、
Mr.Childrenは大きく大きくなって、それに伴って、会場も大きく大きくなっていったのです。
あれから14年半かな。。。
ひとりで浸りつつ、興奮しつつ、開演の時を待ってみました。

そ、そのマイクで歌うんだよね・・・ち、ちかい
Music Loversよりは離れているけど、会社にいた時の支店長との距離より近い(笑)
ふ、太ももが、思っていたより、たくましい…やっぱりサッカーやってるからかな…
などとおそらくニヤニヤしていたことでしょう。

まるで雑誌の写真みたいな桜井さんが、そこにいます。
目の前、全視界がMr.Children、いいんだろうか…こんなに幸せで
そんな戸惑っているヒマはありません。与えられた2時間半、しっかり見つめるのです。

別に自分を見ている訳じゃないのは分かってる。
MCだって、別に自分に聞いてるわけじゃないのは分かってる。
でも、目の前で話してるわけだから、リアクションが出ない訳がない。
勘違いでも、見間違いでも何でもいい。やりとりができるようで、幸せでした。

つよがりを歌った後、沸き起こった拍手の後、静寂になります。
以前は普通にMCを始めましたが、シーンとした中から、「どうもありがと…」と、
桜井さんがウィスパーですよ
これ、目の前でやられたら、どうしようもないでしょう(笑)
(確か、新潟2日目もそうでしたね。三重公演は行ってないのでわかりませんが)

今日のJENのトークは、長野にちなんで、「御開帳」ネタ。
「前立本尊様、御開帳〜ありがたや〜ありがたや〜」7年に一度の御開帳がちょうど重なり、
貴重なタイミングにもかかわらず、JENにかかれば、シモネタです(笑)
「もう責任取れないよ」みたいなこと、桜井さんが言ってたような…

「長野は、どこかに学祭で来ているらしい。俺の記憶はないんだけど、どこかな…」
桜井さんの記憶には無いらしい…
会場から「ながのだいがく〜」とお答えが。
「まさか、その時来てた人、いる?」
後ろの方で、「は〜〜い」とお返事している。
「え!ずいぶん長く生きてるね〜十何年前?御開帳2回分ですよ。。。」

フェイクや掌の時、ステージの一段低い場所まで下りて、前かがみになって歌う姿が、
かなり目に焼き付いてます。その時、ポタッと落ちる汗が見えたのが、忘れられない。

メンバー紹介では、今日のナオトはオリンピックだけに、スキーのジャンプ?
T字着地して満足そう。
それを見ていた桜井さん。「はい〜ナイス着地で〜す。K点越えで〜す」
JENはもちろん…Tシャツお着替えタイムですが、脱ぎながら「ごかいちょ〜

ここからはもう、目の前で歌う桜井さんをただただ見ては盛り上がるのみ。
だって、誰も遮る人はいないのだから。

一番のお目当て、「エソラ」が始まると、もうできない!ってくらいjumpしましたね(笑)
だって、ずーーーっと桜井さんが前でjumpしてるのに、私が止める訳には行きません
一番最後の「Rock me baby tonight」を私の目の前で歌ってくれたんですよね〜
いや〜もう、これ以上の幸せはないかも知れませんよ。
この記憶で、10年くらいニヤニヤして生きられそうな気がする…

後半、モニター用じゃなくて、オフィシャルのカメラマンがウロウロし始めるけど、
ちゃんとかがみながら、遠慮しながら前を歩くから、気にならなかったし。
innocentの時なんて、スチールのカメラマンさんが、嬉しそうにニコニコしながら写真撮ってて。
なんだかいい雰囲気だな〜って思いました。
なんだろう…FC会報とかで使うのかな。
私は自分で手作りしたTシャツを着て行ったのですが、そのロゴを、カメラマンさんが抜いてくれて。
innocentの始まりくらいだったので、サウナから出たような顔してると思うけど、
画像に万が一おさまって、何かに使われたりしたら、どうしよう!!!

そして…目の前で歌われる「GIFT」
しかし、、、「僕は探してた 最高のGIFTを・・・」と歌うところ、
「僕は抱きしめる。。。」と口から出てしまった桜井さん!!!
あぁ!!!どうするの???どうしよ…もしや、今なら止める???
そう思っているうちに、なんかモニョモニョッと歌って、「君が喜んだ姿を〜」と何とか続けました。
Aメロに入る間、ナカケーの方を見て、ペロッと舌を出した桜井さん。
「ヤベ、失敗しちゃった」といった感じかな。

HOMEの横浜アリーナで、終わりなき旅も最後のフレーズを歌ってしまって、
一瞬止まって、冷静に歌い直した事があるんですけど、そのこと思い出しちゃいました。
その時のレポはこちら

パッと目を見開くような表情をするんですけど、一瞬気持ちを持っていかれるようで、
心臓止まりそうでした。
でも、すぐにニコッと優しく歌う姿も見せてくれるから、もう、どうしたらいいんでしょう…

「花の匂い」では、「その温もりに あなたが手を繋いでいてくれているような気がした」と、
歌いながら、自分の手のひらに何か受け取るような仕草をして、その手先を見つめていて…
それを目の前で見つめている自分の環境に、固まりました。

とにかく…
ロックンロールのソロギター、ヘッドフォンで耳に手をやる姿、ボリュームを上げるのところで
上を指さしている姿、
東京の歌いながらのアルペジオ、HANABIのカポ移動、
エソラのRock me baby、メビウス間奏中のマイクスタンドとともに軽く暴れる桜井さん、
数々の場面が、目に焼き付いています。
それに、マイクを通さない声も時々聴こえてくるし。

そして…
私の大好きな仕草。ちょっとミディアムなナンバーで、昔から大好きな仕草があります。
ギターを弾きながら、いつもは左足でテンポを刻んでいるのですが、1フレーズに1度くらい、
左足に一度体重を移動して、大きく揺れて、すぐ右に戻るんです。
ちょっとギターの弦を押さえる左手をチラッと見ながら…

分かりづらいかも知れないけど、昔からこれが大好きで
これを目の前で見れたのが、一番うれしいかな〜
ちょっとどんな仕草か分からないな〜って人は、水上バスとか、Cross Roadとか、
あの辺のテンポの曲で、ギターを弾いている時チェックしてもらうと分かるかな…
昔、サスペンダーをしていた頃から、この仕草が好きなんです。

もう、二度とないかも知れない最前列。
結局は、ニヤニヤしてたら、終わっちゃった感じかな(笑)

スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/169
TRACKBACK