1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Mr.Children TOUR'09〜終末のコンフィデンスソングス〜レポ(3/28・29仙台・ホットハウススーパーアリーナ)
JUGEMテーマ:音楽


本来ならこの前にコブクロのファンフェスタがあるのですが、
勢いづいてるので、先にこちらを書きます。スミマセン^^;

一応言いますけど、もちろんネタバレありますので。
山ほど行くので、前回と違うところとか、気になったところを中心に書きますね。
毎回同じ場面とかは、省くと思います。
ホットハウス
福井もそうでしたが、ツアトラ、見せてくれるようになりましたね。
これもコブクロ式???
エソラデザイン、アピールしてくれるなら、グッズもエソラ全開が良かったのですが。

さて。とりあえず、28日ですが。
福井のまん丸い会場とは違って、グランディは縦に長い感じです。
SB席はステージ真横の2ブロックくらいで、正直美味しいと思いました…
でも、1日目はSブロックで近めのスタンド。なかなかです。
スクリーンの中央にスピーカーがきてしまい、映像の美味しいところが分断される、
悲しい現実もありましたけどね。そのくらい、我慢します。

「仙台は、東京より友達・知り合いが来てるかも。
 緊張感もちつつ、馴れ馴れしい感じで、頑張りたいと思います!!!」

山形に親戚がいらっしゃるからかしら。まだあるのか知らないけど、別荘もあるしね。
このあたりで、男性が叫ぶ「桜井さーーん!」
その声に、「あいよっ!!!」っと答える桜井さん(笑)

恒例になりつつあるのか、ロックンロール演奏前の、JEN話。
今日楽屋に入ったらですね、「あ、桜井ちょっと報告があるんだけど」と言う訳ですよ。
「おぉっ?これは、鈴木さん…」と思ったりして、なになに?って聞くとですね、
「友達の居酒屋が近々閉店するから、早めに行った方がいいよ」と。。。

落ちがついたところで、ロックンロールの演奏に入りましたが。
これで、何やらウワサになっていた件も、結局まだだということですかね。
しかし!
このロックンロールの間奏エレキ、カッコいいですな〜
Spitzの「惑星のかけら」のマサムネとテツヤのツインギターくらいカッコいいですわ。
非常に分かりにくい例えです。
スクリーンは見づらくても、この演奏シーンはとてもよく見えました。

3秒ルールの場面、当時のスタイリストさんが、おねえマンズ系で、かわいい衣装を
着せてもらっていた…という話は他の会場でもしていたと思いますが、
僕は、なんか好かれてたりしたんですけど…とか、
腕の毛も脱毛とかしちゃったりして、つるっつるでしたよね???なんて話も。


この日のライブの雰囲気ですけど。
やっぱりね、ミスチルって、同じことしてる人がいないとやっちゃいけないとか、
なんか遠慮してる人が多いというか。
逆に言うと、みんなと同じことしなくちゃいけないというか…
しなくちゃいけない訳じゃないんだけど、してないと、なんかこう、なんだろう…
もちろん、多くの人が同じ事をすると、一体感が生まれるのは、素晴らしいのです。
声が揃ったり、すごく感動的ですもん。
それとは別で、音に反応して手を上げたくなったりとかね。
私は時々拍手をやめたり、みんなが手を挙げてる場面でも挙げてなかったりするけど、
気が乗らないとかそんなことじゃないので、周りの方、ご安心を(笑)
例えば、ロックンロールとか、あのテンポで無理に手拍子することはないし、
みんなが1拍ずつ手拍子してても、2拍ずつ打ちたかったら、そうしたらいい。
そんな風に音を感じて、動いちゃってもいいのだよ!!!なんて思ったりもします。
要は、みんな好きなように楽しんだらいいのに、と思ったり。

なんて思いつつも、今日のinnocent worldでは、なんと、
桜井さんが「パン・パパン」って胸の前に手を合わせて、やっていたのですよ!!!
「窓にうつる〜」のとこから始まる手拍子のことなんですが。
これって、真実かどうかは別として、「演奏しづらいってメンバーが言ってた」とか、
そんな書き込みも見たことがあるから、あまり快く思ってないのかな、
なんて考えてたけど。桜井さんの「パン・パパン」を見て、なんだか嬉しかった。
まぁ、これだって、桜井さん自身が、客席の様子に反応して「パン・パパン」って
やってしまったというか、その時その時の音にカラダが反応したのかも知れないし。
そういうことで、いいんデス!と言う事が言いたいのだけれど、わかるかしら。
あと嬉しいのは、キャパの大きかったfieldで消えかけた「ああ君は君のままで」から
パン・パパンからパンパンに手拍子が変わるのが何となく好きです。
サビに向かって気分が高まる感じがして、いいのです。

この日、カッコいい!!!って思ったのは、「少年」の間奏。
ナオトとナカケーと、桜井さんがJENの周りに集まるように向き合って演奏してて。
少し暗めの照明で、あの光景はカッコ良かったなぁ…
ただし…その時、田原さんがどうしていたのかが、どうしても思い出せない(笑)

その後、「花の匂い」で若干歌詞を忘れたりする場面もあったけど、ご愛敬。

28日は、MCもライブもかなりの盛り上がりで幕を閉じようとしていたのですが、
最後の最後、引っ込む間際、再度マイクに近づいた桜井さん。
「みんないろんなことあるし、大変なこともあると思うけど、頑張って!!!また会おう」
(こんな感じでしたけど、違うかもしれないです)
いつもなら、「バイバイ!また会おう」って終わる感じなのに。
なに?なに?わかんないけど、頑張る。私、頑張れる!!!(←アホ)
もしかしたら、地震があったからなのかな…とかも考えたけど、29日は言わなかったし。
なんだろ…
ま、地震のことは分からないけど、例えば、ライブに参加してるみんなの表情が、
この日を楽しみにしている様子がステージに伝わって来て、みんなも普段いろいろ
あるけど、今日を楽しんでくれてるんだ!って、桜井さんがそんな風に感じるような
雰囲気だったのかなぁ…
妄想は止まりませんけど。

29日
2日目は、アリーナ21列目から見上げるライブハウス目線で、
ライブ自体もかなりの盛り上がりだった訳ですが。
「つよがり」の後、
小林さんが弾くピアノを聴きつつ、またあんなフレーズを!
と心の中でムフッて思いつつ、でも切ない曲だから、ニヤニヤするのをこらえつつ…
そんな風に歌っております。あ、言わない方が良かった???

そんなMCもしてましたね。
あとは、「ロックンロール」のJENの絡みで「おだてないでください」っていう小物?
それに対して桜井さんが「全然おだててない。むしろけなしてる…」って(笑)

私の感想だと、29日の方がアリーナ席ってこともあるのかな。
みんな自由に感じたまま手を伸ばしてたり、飛んだりしてたような気がします。
今いる場所が、大きなアリーナだって忘れてしまいそうな、そんな楽しいライブに、
どんどん変わっていきそうで、これから参加する公演がますます楽しみになりました。
だからライブはやめられない???

来週横浜もあるので、このへんで。
つづく…
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/159
TRACKBACK