1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
日本生命120周年記念ライブ(11/7横浜アリーナ)
JUGEMテーマ:音楽


奇跡的にEMTGで当選して行ってまいりました。
3アーティストが共演するこのライブ。
コブクロ、米米クラブ、渡辺美里
共通点があるのやら、ないのやら?
でも、コブクロ以外も中学生の時すごく聴いてたから、ちょっと楽しみ♪

行ってみると、普通の人たちに囲まれて、コブクロを前面に押し出した私たち…
ちょっと浮いていたでしょうか…
席に着くと、おそらくEMTG組はある程度まとまっていた模様…
あちこちに5296タオルやTシャツが目立ちます。

まずは米米クラブ。
私はもしや米米がトリかと思っていたので、ビックリしました。
聞いた話では、お客さんもほぼずーーーっと踊っているとのことですが、
本当でした!!!
楽しそうだけど、初見では踊れず…
浪漫飛行やShake Hip…中学の時聴いてたなぁ…歌えるじゃん♪

コブクロファンの皆様、どうか40分だけ時間をください!!!僕は後ろの席を後ろと言いません!!!正面の席と言います。前の方はいいんです。
キャー、やっぱりカールスモーキーカッコいい❤とか、良く見えるわけです。
後ろでも前でもない、ビミョーな席の人、どうしたらいいんだ…という人、
ビミョー席と呼ぶことにします。このビミョー席が盛り上がると、
ライブというのは盛り上がるんです!!!


日本生命さんの120周年の記念ライブ、僕たちを採用してくれて、ありがとう。
いや…僕はね、風水で調べたら、日本生命と米米クラブ、角数からなにから、
本当に相性がいい…

カールスモーキーのトークの後ろで、ドラムの人が「ないない」って手を振ってる。
かなり面白いトーク…きっと裏で黒ちゃん、プレッシャーかかってるだろうな…

コブクロファンが600名招待されてるから、気を使っているのかもしれないけど、
僕たちと一緒にやりたいって言ってくれたのは、コブクロなんです。
って言ってましたね。それって何だろう…コブクロに権限があったのか???
「次は渡辺美里さんですーーー」って言いながらはけていった…
ってことは、コブクロはトリなの???
いやぁ…大きくなったなぁ…と訳のわからない親心を抱きつつ、休憩に入りました。

美里さんが歌いだすと、しっかりと、どっしりとした声が響きます。
サマータイムブルース、Believe、10years、Lovin' you…
いや、これかなり聴いてたな、私。歌えるんですけど、普通に。
そしてMy Revolution…歌ってくれるんだ〜時期が時期だけに、なんだか妙に感激☆
もう20年くらい前になるのかな。バンドにはまる前に聴いてた頃だな。
BOOMの前だから、中2くらいかなぁ…
その頃はいろんな音が聴きたくて、オムニバスをよく買ってたけど、
その中に米米も美里さんも、ユニコーン、エレカシ…手探りで聴いてたなぁ…
確かに、今はやりの歌い方じゃないかもしれないけど、しっかりと声が届く、
いい歌を歌う人だって思った。失礼な言い方かもしれないけど。
「美里さんは、僕の作詞の先生」って、コビィが昔言ってたけれど、
デビュー25周年らしいけど、ずーっと言葉を歌にして届けているって、
本当にすごいことだと、思う。
最近耳にする、「あの時は売れてたけど、その後時代が変わって売れなくなった」
これって、その一時しか受け入れられない音楽を作っていたってことなの?
だとしたら、ずっと活躍している人って、やっぱりすごいんだと思う。
すごい…としか言えないんだけど。


そして、おまたせしました。コブクロです。
山田マンが手を振ってくれてます。ラムジーはどうしてノースリーブなの…
聴いたことないアップテンポなイントロから。おそらく・・・
「なんかカッコイイ感じで始めたいなぁ…なんかないかなぁ…」
って、作ったに違いない。
セットリストは、たぶんこれであっているはず。
♪轍
初めての人も、一気にストリートに来たような空気になれるんじゃないかな。

コブクロのライブはじめての人!!!って今日も質問。
けっこうな割合で拍手が起こりまして…
「なんでや…もう10年もやってるのに…どっかで1回くらい聴くチャンスあったやろ…」と黒ちゃんのボヤキが(笑)

♪赤い糸
これを歌わない訳にはいかないでしょう…日本生命CMソングです。
道端で歌っていた時と、歌詞もメロディーも変わらないのに、10年の時を越えて、
またこうやって聴いてもらえることが、ホントに嬉しいです…
とコビィ。
前奏は、やけにピアノが強くて、今日はヨッシーじゃないのかな?って思ったけど、
生ピアノじゃなかったからそう聴こえただけかもしれません…

♪ベテルギウス
意外な選曲?でも、コブクロ目当てじゃなく集まっている人もいるだろうから、
できるだけ色々なコブクロを見せたかったのかな〜とも思います。

♪時の足音
「僕たちも10周年で、前々から黒田と2人で、10周年の曲を作ろうって決めてたんです。
黒田が僕たちのこと「時計みたいやな」って言って、ホントは「お前ちっちゃいな」
って言われたんですけど(笑)」
といういつのもクダリを披露して。
声がすごく響いてるな、席がいいのかな、ホールがいいのかな、調子いいのかな、
色々考えながら聴いてました。
歌い終わると、
「僕はホントに、スゴイ歌い手と一緒にやってるんだって思いました。
時の足音、今まで何度も歌ったんですけど、今日が一番良かったです!!!」

って、嬉しそうにコビィが・・・
それを見て、また始まったで〜という表情で黒ちゃんが「ない、ない」って手を振る。
「おまえな、自画自賛やないか…自分のバンド、めっちゃカッコいいー!!!って
言ってるようなもんやで…」
と、照れているのか、何なのか…
湧き上がる拍手と、この感動的な空気に耐えられ無くなった黒ちゃん、
「んなぁ〜みのぉ〜たぁ〜にまにぃ〜いぃのちのぉ〜はなぁ〜が〜♪」
「そういうのはいらんねん!!!」と、青いタオルで顔を拭いながら、
次の曲の準備をするコビィ。
名古屋の2日目みたいになってました。あの日ほど泣いてはないけど(笑)
嬉しくて、言わずにはいられなかったんだろうね…

♪君という名の翼
そろそろ盛り上がっていきますか〜と始まりました。
なんだか…いつも以上に盛り上がらないといけない気がして…
いつも以上に飛び上がってみました。
だって、EMTGの列に並んでいる時、近くの人の会話が耳に入ったのですが、
「今日初めてなんですよ。なんかマイクはずしたりするとか…」
え???EMTGで当たって人って、そういう人もいるのか…ならば、余計に…と、
変な責任感から、余計に飛び上がってみました。
どのくらい飛び上がっていたかというと…蕾ツアー、大阪城ホールの花道、
私の目の前にコビィが来て、ストリートのテーマ歌った時くらい飛び上がってました。
サビも飛びあがらなくては!!!と思っていたら、いきなり始まった、
気まぐれ高速ワイパー、しかも臨時。しょうがないな〜やりたかったんか〜と、
変な親心で見守る私。おばちゃんの肘がコキコキなってたけど、大丈夫かな。

♪ストリートのテーマ
まさか。。。エキサイトの神風くらい、まさか。。。
前奏で飛びすぎて、銀テープ飛んでくるかと錯覚するくらいです。
周りからみたら、おかしいくらい盛り上がっておきました(笑)
今年最後のコブクロライブですから。こっちも気合見せとかないと!!!
コール&レスポンスもやっちゃいましたね。
朝まで僕らと一緒に、歌ってくれませんか???
ホントに朝までやっててもいいんですけど…
会場も慣れてきたところで、コビィが歌い変えます。
「わかり始めたMy Revolution!!!!」「Shake Hip!ラララララララ〜♪」こうやって、先輩アーティストや、他のアーティストファンへの敬意も忘れません。
わざとらしくなく、いい形で、トリを取らせてもらったお礼をしているのかも。
良かった…ってちょっとホッとした私です。

アンコールの声に応えて、汗まみれの赤いシャツのまま出てきてくれました。
白黒ギターが後ろに用意されています。
EN♪蕾
イントロがなった途端、歓声が上がります。
みんなはどうしても、この曲を待っているんだろうな…
ヤバいな…エキサイトがよみがえるんだけど。
時々かすれる黒ちゃんの声、でも、調子が悪いっていうかすれじゃないんです。
5296の時、さんざん心配してしまったけど、コビィは一生懸命言ってた。
一生懸命伝えようと思えば、声はかすれるし、荒々しくなったりする…
そう言ったコビィの言葉が、なんとなく、今日分かった気がしました。
コビィの想いがいっぱい詰まった「蕾」を歌う黒ちゃんの声。
その想いを伝えようと、声を震わせて、体全体で歌っているようでした。

何十回も聴いてるのに、なぜ泣けるんでしょう…
マイクオフしてくれた時、いつでも、どんなライブでも、想いを届けようと
歌ってくれる姿がいつにもまして誇らしく見えました。
もう、私も、何度こんなこと、書いてるんでしょう…


日本生命120周年ライブ。チラシも配らないし、勧誘って勧誘もない。
正直、販促活動にしても、うま味あるんだろか…と思ってしまうくらいです。
でも、こういうライブを催してくれていること自体が、会社のイメージをも、
作るのかも知れません。
誰かを思う気持ちが、大事なことだと思わせてくれるアーティスト。
そのアーティストの曲に触れる機会を作ること自体、企業の姿勢を表しているのかも。
ひとまず、無料でこれだけ楽しませてもらったので、日本生命に感謝しましょう。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
- | - | -
TRACKBACK URL
http://u-ta-ni-na-ru.jugem.jp/trackback/139
TRACKBACK