1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ “さざなみOTR”レポ(10/17まつもと市民芸術館)
JUGEMテーマ:音楽


山を越えて行ってまいりました。
お隣の県なのですが、意外と簡単にたどり着けないのです。
この山が…
しかし、この秋、さざなみOTRのために、この山を越えて行ってまいりました。
山を抜けると、穏やかな街が待っていました。
遠回りして、松本城の周りを1周回ってみましたが、キレイな紅葉でした。
写真1枚撮らずに来ちゃったんですけど(笑)

まつもと市民芸術館という、なんともアーティスティックな会場です。
すぐ近くに車を止めて、駅方面に歩いてみます。
ん…何にもない?
スーパーみたいなとこで地下をふらつき、結局コンビニでパンなどを買って、
会場に戻って来ちゃいました。観光ゼロ(笑)

会場の中に入ると、これまたアーティスティックな長い階段があり、
その上にアートなイスが点在しています。
しかし、驚くのはここから。
入場してみたら、なんでしょう、この雰囲気たっぷりの照明?内装?
がグラデーションのように広がってます!!!そしてこのおざぶとん。
そう、おざぶです。梅?お寺のおざぶのような、赤い光沢生地に梅っぽい柄?
なんか、和なんですけど…

さてさてライブは、たまごパターンですね。
この前奏はツボです。
今日の席は、1階の後方、ど真ん中だったので、まるで私を見て歌っているような錯覚。
すぐ前に、ぐっちゃんがいました。
マサムネから見たら、あのゆるゆるウェーブヘア〜のちょっと横に、私がいる。
そんな感じです(←アホ)

「こういう会場って、やったことないかもな〜」とマサムネ。
「なんかさ、こういう特徴を利用して、ワイヤーとかで吊られたりとか…」
(4階あたりまである階層式になっているので)
ないない。

昨日から長野入りして、いくつか撮影をしてきたようです。
次の会報とかで見れるのかなぁ…
安曇野の高瀬川に行ったそうです。スピッツの長野って合うよな〜と思っていたら、
「若葉(新曲の)ってさ、長野っぽいよね」
湧き上がる会場。そうそう。合うよ〜この清涼感と透明感がピッタリ。
もう1つ川に行ったそうで、そこでは高校野球?やってたらしくて。
崎ちゃんが、「いいよね〜河原で野球って」と、またまた野球の話へ(笑)

今日はマサムネがトーク多め。
全身鏡が部屋にないって話から始まったと思うんだけど、
「ちょっと話し長くなるけど、いいかな?」って始めたのは、
「昔さぁ…ソバージュっていうか、パーマをかけたことがあって。
 いやいや、そういうの流行ってたんだよ…でもさ、そんなに自分でお手入れも
 できないじゃない?そんな状態で出かけたらさ、街だとビルとかでガラスみたいに
 なってて、いろんなものが写るじゃない?そこにさ、こーんなデカイ頭の人が
 写っててさ、うわぁーーーって思ってたら、歩いてる自分が写っていた…
 という話でした!」

マサムネがパーマかぁ…超昔のビデオに、ちょっとだけパーマ姿は映ってるけどね。
サラサラでお願いします…
「昔テツヤもパーマだったよね?」「俺はテンパだ…」とテツヤ(笑)
テツヤは、長野に花火大会に来たらしくて「すっげー」を連発。
「えーー」と私も行ったのに的な会場の反応に、
「誰にも気づかれなかったぜ?みんな気付かれないためにサングラスとかするじゃん
 オレの場合、サングラス取るから。だーれも気付かねぇよ」

そうねぇ…テツヤがサングラス取ったら、見た目わからないかもね。

アンコールでは「空も飛べるはず」やってくれましたね。
ライブ前に急に思い出したんですが、「白線流し」って松本か???
特にトークで触れるわけでもなく、さらっとやってくれるのが、いいねぇ。
「空も飛べるはず 演奏しながらさ、あぁ…なんかいいよなぁ〜って思ってたけど、
 やっぱり松本でやるからいいんだよな」
とリーダー。
マサムネは「ドラマバージョンで弾こうとしたら、間違えた」って。
「草野がギター間違えるから、甘酸っぱい中学生の想い出とか、出そうだったのに、
 途中で消えたよ」
って(笑)リーダー。甘酸っぱい想い出…
クージーの「長野県民ってさ、みんな県歌歌えるんだよね」という問いかけに、
大きくうなづく長野県民。ホントに歌えるみたいです。なぜ???

ライブ自体は、何でしょうか…東京では絶対ないような、ほんわかというか、
のどかな雰囲気があるんですよ。私のライブ経験上、手拍子的なものが多いのは、
信越地方なんだよな〜。
今日もそうでした。年齢層が高い気もするし、子供も多い。
何年かに一度の、楽しみにしているライブ♪という雰囲気も感じ取れる。
だからこそ、JCBでのライブは、東京っぽかったんだよな〜手拍子はほぼ、ない。
松本は、ほとんどの曲で手拍子が起こるね。
同じアーティストでここまで違うかなぁ…という気もするなぁ。
ま、何が正しいとか、ダメとかは無いから、それぞれが楽しめたらいいんだと思う。
まわりに迷惑かけない程度にね…

迷惑といえば、今日は子供がちょっと激しかったなぁ…
たまにしか見れない、楽しみにしてたライブ、子供を連れてでも見たいと思う
気持ちもわかるけど。えーっと、子供多すぎない???
お母さんの所に、確実に3人以上いましたけど。
しかも、1人見てると他の子がフラフラしちゃうから、追いかけっこ(笑)
けっこう声も出しちゃってたしね。
機材席にまで駆け寄っちゃったりするから、ぐっちゃんもヒヤヒヤしてましたね。
ま、子供のことは私はわかりませんけど、ちょっとお母さんも大変そうでした。
いろんな意味で、バランスが大切ですわ…

でも、ライブ自体は、とってもまとまってて、みんながステージに集中してる
そんな感じがしました。なんだろ。超ノリノリ!とかとは違う、盛り上がり。
終わった後外に出てみると、またまたアーティスティックな照明がキレイ。
スピッツ
どうでしょうか?
この照明の雰囲気も、なんだか松本っぽくて(私の勝手なイメージ)いい。
また長野でツアーが組まれたら、やって来たいと思います。
以上です。
スポンサーサイト
- | - | -