1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ “さざなみOTR”レポ(10/1茨城県立県民文化センター)
JUGEMテーマ:音楽


始まりました。さざなみOTR後半戦です。
さざなみOTRって何よ?という疑問は、まだまだ続きます。
セットリスト出てきます。ネタバレご注意です。

毎回のことですが、さらっと登場して、さらっと始まります。
とたんに始まる、1曲目。
あぁ…ドラムがぁ!!! なんと、「たまご」です。
心の準備を与えない前奏の短さです。これも狙いなのか!?
14年前くらいのアルバムですけど?さざなみCDからじゃないですけど?
ちょっぴりほんわかなアップテンポに包まれていると、急に始まるエレキの音♪
「Na・de・Na・deボーイ」です。続けて「ヒバリのこころ」さざなみ色薄〜い!!!
この関係ない感じのセットリストも、スピッツらしくて、いい感じです❤

後半戦始まってまだ2つ目。まだちょっとバタバタしている様子。
音が微妙にバランス崩したり、袖でスタッフがジェスチャーで、
「ベース、下げろ」と反対側のスタッフに伝えています。
何の曲だったかな、ギターの音が大きくて、ボーカルがちょっと小さいか?
って思ったところもありました。その時はスタッフの動きも慌ただしく…

その後は「不思議」「点と点」「ルキンフォー」とさざなみSongsが続きまして、
前半戦の雰囲気と同じ空気になったかな〜と思った途端に、
「チェリー」わ、わ…なんだろか?最近よくチェリーを聴くような…
って、会報確かめたら、チェリーを演奏したのは、8/12のロックロックだけでした。
たまたま私が行った時にやっただけみたいです(^_^;)

そして「砂漠の花」でさざなみに戻り…おぉ…と浸っていると、
急に「みそか」で年末モードに戻され(笑)「P」で真っ白に戻される…
Pと言えばハンドマイク…ですが、
なんだかマイクを握るその手が、なんだかぎこちない…その理由は?

前半戦と違うところがいくつかあるんですけど、1つはこの「ワイヤレスマイク」
なんかね〜ワイヤレスだと、こんなことできちゃうのよね、
と、
足をかけてヒムロックのような仕草をするマサムネ…
冗談だよ…と言うかのように、ちょっと恥ずかしそうに定位置に戻る。
そうか…右手でコードを握っていた前半戦。その右手が、なんだか歯がゆいのだ。
でも、砂漠の花では前の方に遠慮がちに出てきて、右手を伸ばしながら
「ずっと遠くまで道が続いてる 終わりと思ってた壁は新しい扉だった」って、
歌ってくれた。ここでは、ワイヤレスが役立ったんじゃ???
ワイヤレス…これは、さざなみOTRカスタムに向け、ステージを左右に動く練習か?

そ、そして前奏でわわわ…となってしまった次の曲。
「君が思い出になる前に」このなんともファンタジーな前奏が、私を15年前に戻す。
そうさ…あの頃のライブでは、あまりにもCDと変わらない歌声に、感動したなぴかぴか
うるうるしていると、次は新曲の「若葉」
リーダーがマンドリンを弾いて、静かに始まる曲だったなぁ…
もうちょっとするとPVなんかも流れるようになるかな。
曲が終わってから、マンドリンの話になった。
実はレコーディングでは、マンドリンはテツヤが弾いているけど、
ライブでリーダーが弾くことになったのは、「オレがヒマだから」だそうな(笑)
するとテツヤ、「オレだってヒマだぜ?」
そんな、ヒマヒマって…右に左に首を向けているマサムネが、かわいい。

さて、と仕切り直して次の曲。んーーー、これは大好きだ❤
前奏が鳴った途端、会場が沸く。「桃」続けて「ネズミの進化」
で、「スピカ」突然ガーっと全部の音が鳴り始めるような前奏が好き。
歌詞の割に、どっしりとした演奏が好き。
隙を与えず次は「エスカルゴ」これも前奏でジャンプするの、好き。
もう、ここからは振り上げた腕は下ろせません。次は「8823」だからです!!!
そして、終わってから、なんとなく今日のヤマだと思った「渚」
いやぁ…2番からの崎ちゃんのドラムにくぎづけ!!!あのリズムをずーっと叩くなんて。
CDでは聴きとりきれない、あれはライブでぜひぜひ確認してほしいトコです。
もういっちょ、「俺のすべて」で盛り上げてくれます。
この曲、CWなのに、この曲の盛り上がりって、なんだろ。どこから来るんだ?
タンバリンを持ったマサムネが、舞台の左右にまできます。
右側に来た時、私の前3列くらい、15人くらいがワーッと寄って行き、
一瞬誰も居なくなりました。
タッチしてもらった人、いいなぁ…いつか私にも、お願いします…

そしてあちこち行って帰ってきたセットリストを、バシッとしめくくるような
「僕のギター」あぁ・・・ラブいい曲だなぁ…


アンコールに出てきたメンバーは、赤いさざなみTシャツとか着てくれてて、
やっぱりスピッツのグッズはかわいいなって納得。
マサムネは新ベースボールTシャツ着てて、私は買わなくていいや〜って思ったのに、
なんだかマサムネが着てると買いたくなるなぁ…と揺れる。
演奏してない曲って何だったかな???って頭がからっぽになってしまって、
大事な曲を忘れていた。「群青」が始まって、そうかそうか(^_^;)と。
この曲はくるりの岸田さんが絶賛してて、「良くできてる」って日記に書いてた。
コーラスワークが大好きな「遥か」もやってくれて、満足。
これを双六のリリアで聴いた時は、鳥肌立ったもんな〜

そして、ラストは、何がくるかと思ったら「スパイダー」なんで???という気もしなくもないけど、それもスピッツ。楽しいからいいや。
後でチェックしたら、山梨はちょっと違うセットリストだったみたい。
これからちょこちょこっと様子見て、後半は固まってくるのかもしれないね。

後半戦2つ目ってことで、いろいろ調整が必要なとこもあった感じ。
スタッフもちょっと慌ただしかったし、軽いハウリングもあったし、
マサムネも2〜3回スタッフに耳打ちしてたし。
こういうのがあって、後の公演に生かされるんだろうなぁ。。。
テツヤの笑顔もいつも以上にあった気がするし…気のせいかも…
そうだ、水戸にちょっとだけ住んでいたテツヤ、だっぺ?って言ってたね。
駅前が変わったーーー!!!昔は原っぱだったよね?ね?って。
崎ちゃんは佐野から大洗に車で来たら、水戸ナンバー?に追いかけられたとか…
意外と北関東になじみのあるスピッツです。
いつも細かく都道府県回ってくれることに感謝。

次はJCBホール。新しいホールで楽しみにしてます。
スポンサーサイト
- | - | -