1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コブクロ“5296”レポ(3/26新潟市産業振興センター)
JUGEMテーマ:音楽


昨日に続いて、新潟です。
今日はコビィ側で楽しみます♪

昨日のテカテカ素材とはうって変わって、3回くらい着てるかわいいチェックのシャツ。
今日はチェッカーズやな…
黒ちゃんはマトリックスに戻ってました。花道を歩きながら、
ジャケット似合うでしょ〜って自分で言ってました(笑)

どっからきた?では長野県で黒ちゃんがスキー検定を取りに行ったと。
2級はすごいってことを、コビィに伝えるために必死にお客さんに
「な?2級ってすごいよな?な?」って同意を求めてました…

そして群馬と呼ばれるのを心待ちにしていた私に、コビィが言った。
「ぎゅんま県!!!」はーーーーい(^_^)/~と大きな声で言ったのに、ぎゅんま?
お前、ぎゅんまって…どんなネタに使うんや…
ん、あとあと考えるから(笑)
ま、いじってもらえただけ、嬉しいです。

今日のお楽しみは、何と言っても曲説です。
ベテルギウスは…いつもどおり、コビィがやりました(笑)
昨日、あんなに言ってたのに。
そしてそのあとの、蕾のMC…

蕾は僕の母親のことを歌にした訳ですけど、本当にたくさんの人が聴いてくれて。
ちょっと恥ずかしいんですけど、僕の母親は周りの人に、
「健太郎は私の最高傑作なのよ」って言ってたみたいなんです。
母親はもういないけれど、「蕾」も僕の最高傑作と言えるような、もうこれを超えるのは
ないんじゃないか…って思えるくらいの曲になりました。どうもありがとう。


あのですね…ちょっとウルウルしすぎて、細かい言葉覚えてないんですよ…
蕾ツアーの時は、毎回この「蕾」のMCでお母さんの話で泣かされてたんですが、
5296はそれほどお母さんの話、してないんですよね。
だから、今日のこの最高傑作って…お母さんの嬉しそうな顔が浮かんできそうで。
きっとお母さんは今も最高傑作だって話しているんだろうな…って思います。

そして、また戻る…
それは、黒ちゃんの曲To Calling Of Loveの曲説。
昨日のライブに来た人が、かなり注目して見守る…宇宙飛行士…
(わからない人は1日目のレポを見てください)
いつからかわからないくらい、久々にラブソングができました…
ぐふっ…聴いてください
(半笑い)
しっとりした曲なのに、会場からはこらえられず笑い声が!!!
私もこらえられなかった1人です。だって黒ちゃんが、ぐふっって!!!
その後MCで言い訳してくれればよかったのに、言わなかったから2日目だけ来た人は、
意味が分からなかったですよね…こんな理由だったんですよ。

Freedom Trainの曲説。
5296のアルバムジャケットを銀色にしたけれど、それを携えて、このツアーを
列車に乗って各地へ回っていくイメージがあった、と。

風の中をでは、くるくる回ってぴょんぴょん飛び跳ねるコビィがカワイイ。
もう揺れるハートいちいちかわいいんですけど!!!

そして盛り上がりコーナーでは、花道から降りたいけどどうしよっかな〜って
もったいぶる黒ちゃん。
オレが降りたくなっちゃうくらい盛り上がって!!! キャー!!!
いいか、絶対動いたらあかんよ!!!って、えいっ。やっぱり降りる(笑)
それを反対側から眺めるコビィ。オォ〜すごいな〜
コビィも促されて、降りなくてはいけない展開になってきた。が、花道は高い。
端っこまで来て下を見るコビィ。え…こんな高いとこから降りたことないし…
小渕さん?後ろに階段あるから、そっちから降りて!!!
あぁ、良かった…とスタスタ降りるコビィ。しかし、どこにいるのか全く分からない。
三浦さん、やっぱりコビィだけ矢印お願いします。
流れに乗ってうっかり反対側へたどり着いたコビィ。
あ!黒田スタンドに来てしもうた…

昨日はやらなかった前から後ろウェーブもやったしね。
「じゃ、それぞれ好きな食べもの叫びながら立ってくださーい」って!!!
ささだーんご!コシヒカーリ!ささだーんご!あと何て言ってたかな…
2往復くらいして、変な盛り上がりだった…

今日も花道からぴょーんって出てきてくれて。
コビィは花道からステージにつながる直角のところで、スキップみたいにして
曲がっていた。だから、いちいちかわいいんだよ…もう揺れるハート
楽しさが抑えられないって感じで。

私たちも楽しいけど、2人も本当に楽しいんだろうな…ってわかるくらいの表情。
時々コビィ側にも来てくれる黒ちゃん。
最後に来てくれた時、ゆっくり歩いてくれて、私の近くで立ち止まってガッツポーズ。
なんだか私も、黒ちゃんが笑っているのを見てこみ上げてしまって、
「黒ちゃんありがとー!!!」って叫んでいた(笑)
こいつ、きのうはあっち側でぐんまーって言ってたやつだ!と思ったかどうかは
分からないけど、黒ちゃんはまた今日も、うんうんって笑ってくれた。
きっとね、想いが届いているのが、わかるくらいのお客さんの表情なんだと思う。

伝えたいことがあるから 思いのすべてを メロディーに乗せて僕らは歌うよ

それを受け取ってくれていると、感じられるような光景が、
ステージから見えているんだと思う。

なんだか曲のことや音のこと、あまり書いてない気がしますけどあせあせ
5296ツアー、6本見たわけですが、「蕾」だけあのNEWギターを使っていたんですね。
何であの曲だけかなぁ…とかひそかに思っていたんですけど。
あの、レコ大でも使っていた白黒のヤツです。テレビでは音の違いまではよく分からず…
でも、この新潟で聴いていて、あのギター、響きがいいな〜って思い始めました。
遅いか…
蕾のAメロは、ほぼアルペジオだけで歌いますから、ギターの音が際立つからなのか?
いや、でも桜のアコギとはまた違うんですよね。桜の時は、もっと柔らかく感じるし、
蕾の白黒ギターは、もう少し鋭いというか、キレがあるような音。
いい音だな〜って思いながら聴いてました。

やっぱり何本か見ていくと、その都度感じることも違うし、
何度か見たから気づくこともある。その度に変わっていく彼らを見ていたいし。
最後に歌う、なつかしい4曲。
とても誇らしそうに、楽しそうに、フィナーレを迎えていた。
あ、そうだ!この始まりと終わり、何か覚えがあるって思っていたけど、
今気づいた。Mr.ChildrenのIt's a wonderful worldだ!この醜くも美しい、世界で。
忘れないで、君のことを僕は必要としていて、同じようにそれ以上に想ってる人もいる。
手遅れじゃない、まだ間に合うさ、この世界は今日も美しい。

いやいや、考えてる事や意図が同じってことじゃなくて…
この1つのステージを、くくるテーマみたいなものが、このモチーフが同じメロディー
で歌われることで、最初のOpeningを想い出させてくれる。
この3時間を過ごしてきたことを、思い知らせる。
コブクロと過ごしたこの3時間を、くくってくれる、素敵なメロディー。

 ♪ 心待ちにしていた…心待ちにしていた…

繰り返されるたびに、ツアーの発表から、チケット発表、初日のステージ…
もっと言うと、前のツアーが終って、アルバム「5296」が発売されるまで、
初めて聴いた新曲。いろいろな今までの日々が巡ってくる、不思議な感覚です。

次は武道館か…3週間のブランクですけど、もうすでに心待ち状態なのです(笑)
スポンサーサイト
- | - | -