1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ “さざなみOTR”レポ(3/18名古屋センチュリーホール)
JUGEMテーマ:音楽


さーて、名古屋2Days!!!の予定でしたが、都合により18日のみ。
前半戦終了間際のスピッツはどうなっているのか!!!レポします。
まずは前日ドタバタがありまして、急に19日には別の予定が入ってしまいました。
それに絡んで、名古屋入りもギリギリの17時過ぎになってしまった…

あぁ、名古屋駅のトイレで、20周年の黒Tシャツに着替える。
それいけ〜とホテルにも寄らず、センチュリーホールへ直行すると、
すでに開場している。あぁ!!!

中に入って、以前ライブをご一緒した方に会いにゆく。
スピッツが好きすぎて、話が止まらない。
それに、次の日に急に入った別の予定について、もろもろ話は続く…

席に着いてわりとすぐに始まる。
いつものようなさりげない始まり…
でも、リーダーが「なごやーーーーー!!!」と叫ぶ。え〜こんなんだったっけ?
ホールのせいなのか、調子がいいのか?いい音がホールに響いていく。
音がよく聴こえるし、マサムネの声もすーっと伸びていく。

はっきり言って、セットリストは同じなんですが、最近おしゃべりが調子よかったんですね。
前日はガイシホールでバンプを見た話とか、(4人ともバンプ好きみたいね)
昔名古屋で生番組に出てた話とか、なつかしーねってマサムネがテツヤに振ると…
「あまり触れたくない過去…だね」と。
会いたい芸能人の話になったりして、素人のようなトークが続く(笑)
崎ちゃんが「落合監督とか会ってみたいね。オレ流」
「それ、ムリヤリ名古屋絡めようとしてない?」と落とすマサムネ…
アンコールの時もステージ上で会話が途切れる事態。
リーダーは「ベース飲み会」の話をして、全員ベースだから、人が覚えられない…と。
テツヤがその話を「意外と盛り上がらなかったな…どうすんだ」
「さざなみが起きたね」「どうすんだよ、これ…」と、そのモジモジぶりが、またスピッツ。

曲はというと、相変わらず「ネズミの進化」と「夜を駆ける」がいい。
「桃」は特にいい。
「桃」の演奏前、アンプを入れっぱなしだったのか、桃の最後のストローク部分、
ガシャガシャ鳴らすとことですが、練習がそのまま聞こえた。あ、桃だ!って。
あれはやっぱりアンプ消し忘れかな、それともホールの響きがよくて、聴こえたのかな。

今日のアンコールは「魔法のコトバ」「ハチミツ」「春の歌」
ハチミツはサビの手拍子がなつかしくて、理由はわからないけど、ぴょんぴょんした気持ちになる。
そして、おまけ程度にさりげなく季節感を出した「春の歌」で終わり。
最後まで押しつけることなく、強く語ることなく、歌を残していく。
今、コブクロのツアーと並行して参加しているので、特に思うことだけど、
思っていることを的確に言葉に表して、想いをこめて歌うことも、グッとくるものがあって、
涙が出るほど、嬉しくて感動する。
でも、もやっとした想いを、ふわっとした言葉で、泡につつまれるような声で歌うのも、
やっぱり涙が出たりする。
目の前の景色を、写真を撮っても、それは美しい。
すごく上手じゃなくても、絵に描いても美しい。

もう少しで前半戦終了。実はもう1回、行ってきます。
スポンサーサイト
- | - | -