1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
SPITZ “さざなみOTR”レポ(2/27NHKホール)
JUGEMテーマ:音楽


今日もスカイブルーだ!(新潟に続いてのさわやかな衣装)
相変わらずの気取らないオープニングに、おちついた東京の人たちの独特の雰囲気。
東京って、なんだかちょっと映画を見るように、ライブを見ている人がいるんだよなぁ…
なんでだろうね。
やっぱり、地方ってなかなかアーティストが来ないから、待ってました感が強いけど、
東京は他のアーティストも含めてちょくちょく見れるからかな。

今日のお席は、2階席のはしっこ。リーダー側です。
でも、リーダーが見切れるほどの、はしっこ(^_^;)
でもいいんだ、こんな日があっても。目の前で見れる時もあるんだから…
眺めはまずまずですが、紅白歌合戦の、ニュース明けの引きの映像みたいな感じです。
NHKホールだけに、わかるかな?

音の感じは、ふわーって広がる感じ?
マサムネの音量がもうちょっと欲しい!と思ったのは私だけかな。贅沢か…

NHKホールといえば…と言って、昔あったNHKの番組「ポップジャム」の楽屋の話。
SMAPと同じ楽屋になって、リーダーと草君が偶然同じTシャツを着ていたらしく、
木村君が「入れ替わっちゃえば?」と冗談を言ってしばらく俺はSMAPの一員だった…
今でも自慢しているらしい。ちなみにTシャツはアニエスだったとのこと…
そして、今日は初、メンバーそれぞれ、個別の楽屋だったらしいです。

最初に、東京は引いて見ている人がいる…と書いておきながら何ですが、
一方、熱い人もいるのが、特徴、カナ。
何度でも来ている人がいるってことだろうなぁ…
「昔はここで手をあげたっけなぁ」というところで、あちこちで手が挙がる。
あぁ…なんだろう、うれしいというか、あの頃から見ている人、いるんだなって。
だけど、あの場所ではやっぱり今回のツアーももう、手が上がらない。
むかしむかし、チェリーの「春の風に舞う花びらに変えて Woo〜」のところ、
Woo〜ってとこで、手を花が開くようにあげてたっけな。
あれが好きで、でも、チェリーをやらないツアーもあったし、その間に人も入れ替わるし、
いつの間にか、なくなったなぁ…
かといって、頑固に自分だけやり続ける!とかいう気合もないんだけどね(笑)

曲は中盤。今日は「桃」が好き。
あの前奏とポップな曲調に隠れそうで隠れない、切ない歌詞が好き。
切れた電球を替えて明かりがパッとついた時の感じ
何もなかった日々に、急に現れる楽しみのようなモノ
でも、どこか自虐的な感じ…
他人が見れば笑い飛ばすよれよれの幸せ。
ありがちなドラマをなぞる日々、もう戻れない。
永遠はたわごと
でも、つかまえたその手を離すことはない。
それで、なぜタイトルが「桃」かどうか…は、それはね、わからないのがいいんです。
それは「ナデナデボーイ」って何だ?って聞くのと、同じことです。

「群青」を演奏した後、ポツリとマサムネが話し始める…
PVで、振り付けやったじゃない?あれさー、ツアーではどうするんだ、みたいな話になって…
けっこう大変だよ?だって、ギター弾きながら歌うのだって、何年もかかってるからさ、
弾きながらステップって…
と、実演してみるが、
コードを確認しつつ、右・左・右…とステップを踏んでみるが、
足に合わせてかなりスローな群青になってしまい…これじゃ20年くらいかかるね、と。
ステップ踏む姿がかなりキュートでした。さすが、最強フォーティー❤

あとは、中盤のクールな曲たちがいい。
ネズミの進化、夜を駆けるetc.
この辺りって、人気曲を聴きに来ている人には、退屈なのかもしれない。
パッと聴き(パッと見の聴きバージョンね)は不思議でとっつきにくいし。
でも、このツアー3〜4本目を越えたあたりから、吸い込まれるような感じがしてきた。

そしてアンコールでは思わぬ収穫。前奏というか、前奏が始まる前の雰囲気でわかった
「もうちょっと聴いてください」って後ろに戻って、シェイカー(っていうのかな)を
手にしてマイクに戻る姿で思わず「あ!」って言ってしまった(笑)
「恋のうた」お〜さ〜え〜切れぬ〜♪です。
昔のうた、バンザイ!後半戦では、もっと盛り込んでほしいなぁ…

最後にテツヤのMC。
じわじわくる拍手に、さざなみMCって言ってるのは、もうおなじみですが、
「なんかさー、タイトルとかアルバムとかさ、次のはコレってマサムネが持ってきてさ、
“さざなみ”って言われて、最初はなんだかなーって思うんだよな、
ん?さざなみ?って。
(ここでマサムネが、「そうなの?」って尋ねる…)
でもさ、だんだん来るんだよな〜 あ〜なるほどね〜みたいなさ」だって。
「そうなの?」って尋ねるマサムネが、なんとも素でよかった。

そして最後にクージーの言葉。
「今日は個別に楽屋をもらったのに、みんなさみしがり屋だから、誰もドアを閉めていなかった」
とのことです。なんか想像できる…

次はコブクロをはさんで、名古屋2Days。お楽しみに。
スポンサーサイト
- | - | -